記事一覧

甲斐

本日は道南竜将戦でした!
結果等は函館新聞に掲載後(明日かな?)アップします^^

久しぶりに将棋のお話。
八枚落ちの将棋から。

上手 笠井将生(手前) 、 下手 大会参加者のお母さん(コンサドーレ好き)

長母①

6枚落ち~10枚落ちに関して、
この図のように下手が端に飛車を移動して敵陣に成るような指し方は、
私は基本的にあまり教えません。
なぜなら、平手でそういう場面になりにくいことと、
と金が邪魔になってなかなか飛車が成れないから^^;
10枚落ちあるあるですが、
「下手の番図」みたいな局面から、△9八と~△9九とってする人が多い!
「飛車を成りましょう」ということしか意識をしていないとそうなるけど、
それくらいの棋力なら飛車を竜にしても活かしきれない^^;
だけどこの人の場合は違いました。
「下手の番図」から、 △8七と (下の図)

長母②

素晴らしい!
このようにと金を「効率よく捨てれる」なら、端飛車戦法もオッケー^^
というより、こういう手を指せる棋力があるなら端飛車戦法をする必要もない^^;
端飛車は、サッカーで例えるなら、2人対11人でゲームをして、
11人側の一人が常にサイドでボールが来るのを待っている状態。
その人にパスをするキック力とキック精度があるなら、中央突破できますよ^^
「△8七とまで図」から、 ▲6九玉△9九飛成▲7九歩△9八香成▲4四銀△6八歩▲5九玉△7九竜 (下の図)

長母③

上手はこの局面で投了しない人になってほしい。
この局面で投了する人は、一手詰めの詰将棋を教えることができない!と思います。
詰将棋は玉の動ける8方向をすべて口と指で確認してあげるくらいがグッド。
この局面で、平然と指すのが笠井流^^
「△7九竜まで図」から、 ▲6九銀△同歩成▲4九玉△3七銀 (下の図)

長母④

詰みがないときにむやみに王手はかけない!
ゆえに最後の△3七銀が好手!!
ちなみに▲6九銀に対しての正解は△6九同竜、
局面指定なら気付くと思いますが、流れの中なら簡単ではないです。
簡単じゃないことをわかってあげることができれば、一人前の指導者^^

別の対局に移ります。便宜上先後逆。
先手 笠井将生 、 後手 小学5年生

小野寺①

片道2時間30分かけて大会に参加してくれた子^^
大会参加している別の小学生のお父さんが、
「手合いおじさん」になってくれて、この対局が実現。
これは藤井矢倉じゃねーか!?勉強しているなぁ^^
「▲1六歩まで図」から、 △7五歩▲同歩△同銀▲7六歩 (下の図)

小野寺②

この局面で「あっ。」と何かに気付いた様子。それだけでも立派です^^
きっと△8六歩とできると思ったのでしょう。
どうしても矢倉で棒銀しか習っていない子は、ここでつまづきます^^;
角を4六や6四の地点に置きたくなるので、子ども同士の将棋は脇システムが多い!
そして棒銀をするので、誰かが教えてあげないとここでストップしてしまいます。
ちなみに本譜は、図から、△8四銀▲1五歩△7五歩▲同歩△8六歩▲同歩△8五銀 でした。
工夫が見られますが、もったいない!

なので戻って、

小野寺①

この図から、 △4六角▲同歩△6九角。

小野寺⑤

3六や4七の地点で馬を作る目的と、8七の地点に角が効いていることを伝えると、
すぐさま△7五歩~△8六歩が成立することに気付きました!素晴らしい^^
それと同時に、「ぅわぁぁ!」と目をキラッキラさせて、
「角を打ってるのは見たことあったけど、みんながどうして角を打つのか知らなかった。」
「今日来た甲斐があったぁ!」と大喜び!
そんなことを子どもに言ってもらえるなら、
私はそれだけでも将棋をしてきた甲斐があったと思います。

もっと知りたい欲しがり屋の有段者へ!便宜上先後逆ではありますが、
この△6九角から▲3七銀△4七角成▲6八金寄△3五歩▲同歩△7五歩▲5七金寄△3七馬▲同桂△7六歩▲同銀△3六歩

小野寺④

藤井矢倉はたしかこんな感じで進む!端歩は伸びすぎ感あるけども。
ポイントは馬を取られる前に△3五歩を突いておくこと。
でも馬と攻めの銀桂を交換するのは筋悪いよなぁ^^;
3五の地点の拠点も大きそうだし。
本当にあっているか心配ですが、参考までに^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント