記事一覧

連鎖

先日のブログで、
JT子ども将棋大会高学年の部の準優勝者に誤りがありました。
正しくは渥美陽太くん!
Nさんコメントありがとうございます!!
申し訳ありませんでした。

しっかし高学年の部はレベルが高い^^;
低学年の部は函館の子くらいしかわからないけど、
函館の子は強いし、伸びしろたっぷりですからね^^

強い子が多いと、その下の世代も強くなります。
そうするとまたさらにその下の世代も。正の連鎖です。
北海道は軌道に乗ったというやつかもですね^^

でも強い子が多いと、普及する大人が安心してしまって、
普及活動を怠ってしまうなんてことも。
そうなると世代の穴ができてしまい、負の連鎖に。
継続は力なり、普及は随時やるべし^^

話は変わります。渥美くんの「渥美」で思い出しましたが、
先日の道新の卓上四季がすごく良かったです。

「男はつらいよ」で、子どもが渥美清が演じる寅さんに、
「人ってなんのために生きてるの?」って尋ねたら、
「たまに嬉しいこととか楽しいこととかあるじゃん。そのためなんじゃないか?」
的な返答をしたと書いてました。

そこからいじめ問題や子どもの自殺について述べていました。
「人生は良いことばかりではない、悪いことだってある。でも必ず、良いことはある。」
的なことと、
「嫌だったら学校なんて行かなくていい。」
的なことが書いてありました。
ごめんなさい、はっきり覚えていないので、「的なこと」を連打してます^^;

人間はメンタル。
脳がすべてを支配しているので、脳の健康状態が悪ければ、
人に何を言われても頭に入りません。子供なら、なおさらです。
「良いことだってある。」と言われても、脳の状態次第では・・・

だからと言って大人が諦めるのは良くないですよね。
言ってもわからないかもしれないけど、
希望を与えるのが大人の役目。

「言ってもどうせわからないなら言わない。」のは誰にでもできること。子どもでもできる。
「言ってもわからないかもしれないけど言い続ける。」のが大人なのかなと思います。

日本人はアツい話や命の話をタブー視する国民性ですが、
それは大人が逃げているだけなのかも^^;
心に訴える道新の卓上四季は大好き^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数