記事一覧

駒落ち勉強会

アーキーさんコメントありがとうございます。
高田先生を見て、私は「こういう人になりたいな」と思いました。
憧れというか、目標ですね^^

しかし最近の指導対局、なかなか下手が思うような結果がでていない(笑)
そして、あとから「どう指せばいいかわからない」と言われる^^;
口で答えれることなら答えてあげたいのですけどね~。

しかも下手の指し方がわからないから、
上手を持つともっとわからない(笑)
結果、駒落ちは苦手と言われる^^;

というわけで、今度駒落ちに関してがっちり勉強会をするのはどうかと思っています。
駒落ちは重要!大局観が磨かれるし、優勢時の指し方がわかるようになりますからね^^
でも勉強会と言ってもどういうスタイルが良いのかなぁ。

一つ案ですが、
私と、現竜将の坂木さん、前竜将の前田さん、とかの三名で、
二局ずつ計6回戦のリーグ戦を行う。
二局の内容は、それぞれが上手と下手を1局ずつ持つ。
対局はすべて角落ちか飛車落ち。
その対局をじっくり見てもらう。
必要なら空いている人が大盤を使いリアルタイムで解説する。

これでどうでしょう?
上手のときは本気をださなければボコボコにされてしまうので、自然と本気で指すし、
下手のときは負けたら恥ずかしいので、自然と本気で指す(笑)

メンバーは誰でも良いのですが、
できるだけ棋力が近い3人が好ましいと思います。
これをやれば、全員が1勝1敗になるのが普通ですが、
その「普通」が勝負の世界では難しい。

ネックは、観戦する能力(笑)
若い人は観戦しているくらいなら指したくなっちゃう^^;
私もそうでした。
若い頃は強豪が近くで指していても、
観戦しようなんて1ミリも考えなかったなぁ。
いつも指している友達といつも指している将棋を指していた(笑)

でも私が教わる立場だった頃、
プロの先生が道場に来るなんてことはまずなかったし、
駒落ちが重要ってことを教えてくれる人もいなかったし、
上手を持ってくれる人もいなかった。

ゆえに飛車落ちに定跡があることを知ったのは去年でした(笑)
しかも私が観戦記を書く将棋で知りました^^;
でも右四間飛車は下手がかなりキツイ気がしたので、
新聞に定跡そのものを批判しました(笑)

というわけで、
駒落ちに対してコンプレックスがある子が増えたこと、
これこそが函館が良くなってきている証拠(笑)
昔はコンプレックスを抱くことすらできなかったもんなぁ。

でも駒落ちはとても大事と思っていますので、
上の案のような形でケアできればと思っています^^
スポンサーサイト

コメント

最近の子は

駒落ち指さないんですねー
私は級位者の時に、二枚落ちから、飛車落ちまでやりました。
将棋大観とか、駒落ちの定跡本を読んで勉強した記憶があります。
駒落ちをやると地力がつくというか
将棋が丁寧になる気がしますね。

ちなみに、駒落ちで穴熊はダメです(笑)
逆に勝ちづらいと思う。

やるなら協力しますよ(^-^)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数