記事一覧

久しぶりの将棋のお話

今日は昨日指した将棋を振り返ります。
久しぶりの将棋のお話^^

手前側 私 、 向こう側 O内くん

大内①

高校生のO内くんとの将棋。
この将棋は、よ~く見ると手前側の角落ちです。
角がいなくても下手から攻めるのが簡単じゃないですね。
7四の地点に銀、7三の地点に桂馬の形は、
矢倉等で好形とされていますが、銀が動くと桂馬の頭が弱い!この形あるあるです。
本譜は①図から△6五歩▲同歩△同桂▲7八金△7六歩▲6六歩と進み、
上手が一歩得をしました。下手は悪手は指していないのですが、攻めが難しい局面だったようです。
感想戦でおススメの手順を伝えました^^それは、
①図から、 △3三銀▲7八金△2二玉▲7七銀△3二金▲6七金△6一飛 (②図)

大内②

なぜか②図は「6七飛まで」って書いているけど、気にしないでください^^;直すのが面倒で(笑)
①図は居飛車対右玉に近い形。右玉という戦法は、攻めのメインは角!
でも今回は角落ちバージョン。ってことは、右玉から攻める手はまずないということ!
攻められないなら、陣形をフルに整備してオッケーってことです^^
攻めるのは元気よく好印象ですが、相手の陣形を見てから攻めるのもグッド。
そのタイミングを見極めるコツは、「相手が次何を指したいかを読む」です^^
あともう一つ、「役に立つ将棋の格言99」という本に、
「見慣れぬ囲いは固くない」という格言があります。
競技として長い歴史を持つ将棋。先人たちの格言は間違いありません^^

先手 Kくん 、 後手 Nさん

③悠希

先手は小学生のKくん。後手はNさん。人の将棋を勝手に載せちゃう^^;
若干局面が違うかもしれませんが、大事なところはあっているはず。
③図は後手が△5九角と打った局面です。
この手の狙いは、△9五角成&△3九銀&△3七銀。
小学生は、強い子でも攻められると辛抱ができなくて冷静な対処ができない子が多い。
でもこの先手のKくんは本当に強かったです。
③図から、 ▲7七桂△3七銀▲1八飛△6八角成▲3七桂 (④図)

④悠希 (1)

素晴らしい!グレートだぜ!!
▲7七桂のところ、本譜は▲9六歩だったかもしれません。
忘れてしまいましたごめんなさい。まぁどちらでも正解です^^
④図は技を喰らったはずの先手が軽くかわしている感じで、
後手は満足いく成果をあげれませんでした。
戻って③図のとき、△5九角に代えて△3九銀だった?

先手 私 、 後手 K元くん

⑤隈元

4年生のK元くんとの将棋。
三間飛車を使われてびっくり^^
⑤図から、 △4七と▲同金△3八飛成▲5七金 (⑥図)

⑥隈元

⑥図は▲5七金までです^^;
⑤図から△4七と~△3八飛成が好手順!
綺麗に攻め駒がサバけましたね^^
本譜は⑥図から△4八銀でした。意外に▲5八金引とされて攻めづらかったので、
感想戦では⑥図から△4七歩がいいよとお話ししました。
攻めの基本は、弱い駒で強い駒を狙うこと。
と金を作って金駒を狙え!っていうことですね^^

先手 私 、 後手 M岡くん

⑦松岡

大学生のM岡くんとの将棋。
急戦矢倉でグイグイ圧迫され、
このままサクッとやられてしまいそうでした^^;
しかもほとんど100点満点の指しまわし!強くなったなぁ
でもこの⑦図で△5三飛が唯一の悪手でした。
△5三飛は経験不足が原因。
強い人にしっかり毎局感想戦でポイントを教えてもらえば、
手を付けられないくらい強くなりそう^^
⑦図から、 ▲8五歩△5五銀▲7七桂 (⑧図)

⑧松岡

最後の▲7七桂で流れが180度変わりました。
一番の頑張りは⑧図から△6四銀かなと思いますが、
それでも△6四銀に▲6五桂△同銀▲7七桂でやはり先手良しっぽい。
急戦矢倉形は5三の地点が弱点です。なので桂馬と▲5三歩はセット。
常に桂馬の動きには注意しましょう^^
本譜は⑧図から△6六銀直▲6五桂。
戻って⑦図では△5五銀~△8七歩と指して
中央から潰しにかかられると先手はアウトでした^^;

昨日は急に、
「佐々木治夫杯が近いから、今いるメンバーで団体戦をします。」
と言い出す輩がいたせいで、気合いのかなり入る将棋を指すハメに!
後日そのときの将棋とKくんとの将棋をアップする予定です^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数