記事一覧

昨日久しぶりにネットで将棋を指しました。

先手 私、 先手の番

①

高田流左玉が好きなのですが、
対中飛車が一番苦労してます。
①で早速やっちゃいけない手を指してしまいました。
①図から、 ▲6五歩△8八角成▲同飛△4五角 (②図)

②

アベシ!
こんな単純な両取り、団体戦なら怒られますね^^;
でもここで気を取り直し、集中して考えてみたところ、
意外に局面は簡単じゃなかったようでした。
②図から、 ▲5六角△2七角成▲3四角△3二金▲2二歩△3三金▲1六角 (途中図)

途中

途中図から、 △4五馬▲2一歩成△6七馬▲5八金右△4五馬▲1一と△4四馬▲6八飛 (③図)

③

なんとかなりました。
途中図で△1六同馬▲同歩△2二飛なら、
一歩得の後手が有利でした。
少し後手は欲張ってしまったようです。

序盤でミスをしても、人間なのはお互い様。
相手が一局を通してノーミスなんて難しいです。
将棋は不思議なもので、どんな将棋でも必ずチャンスが来るものなんですよね。

しかしこの将棋の終盤戦。

④

④図の6五の地点の桂は、③図で8九の地点の桂。
④図の5六の地点の金は、③図で3三の地点の金。
お互い駒をできるだけ活用してます。
④図で▲6二銀なら△同金▲同銀成△同馬▲同とで、もつれるけど優勢のようでした。
しかし、本譜は欲張って詰ましにいきました。
④図から、 ▲5七同金△同馬▲7二香△8二玉▲7三桂成△9二玉▲8四桂△同馬 (⑤図)

⑤

ひでぶ!
最後の▲8四桂はミス!ノータイムで取られました^^;
最初の▲5七同金には△同金の一手と勘違い。相手の方が一枚上でした。
⑤図の後手の玉形は、金や飛車のような横に利きのある駒を持っていないと絶対に詰まない形。
先手の持ち駒は銀が沢山ありますが、大事な金と飛車がない!ので理論的に詰ますことができない!
結果7三の地点の成桂を取られ、あっさり詰まされて負け。
しかし⑤図の先手の陣形を見てみると、負けて当たり前な形。

この将棋で学んだことは、
○ミスはお互い様だから気にするな。だけど相手より多ければ負けちゃう。
○欲張るな。
○居玉は結局負けることが多い。
スポンサーサイト

コメント

No title

▲5七同金△同馬に72銀打って詰んでるようにみえるのは俺だけか?

No title

④図で▲6二銀以下△同金▲同と△8二玉▲7三桂成り△同玉▲6四銀打ち以下詰みだなぁ^^
中君にその詰み筋が見えるとは・・・w

No title

④図で▲6二銀打ち以下ね^^;

No title

▲5七同金△同馬に▲72銀△同金▲62銀でも詰んでますから~w

牙狼さんの筋は見えてませんでした(-_-)

コメントの投稿

非公開コメント