記事一覧

佐々木治夫杯 小学生のお話

今回佐々木治夫杯に参加して、
例年よりも年齢層が低い!と思いました。
函館など札幌から遠い場所で行われるなら、
どうしても若い人メインになってしまうのは仕方ないですが、
苫小牧開催でこんなに若い人の比率が多いということは、
各支部若手が育ってきている証拠と言えると思います^^

特に20代が多く感じました。
しかも、札幌以外の支部で!
これからはエネルギッシュな若い力の活躍が楽しみです^^

子どもも増えましたね!
佐々木治夫杯は子ども向けのイベントではないという
固定概念は捨てなければいけないと思いました。

函館も小学2年生の子が参加していました。
長澤一世初段です^^
函館開催以外では、佐々木治夫杯に小学生が参加するのは私以来。
坂木はあったかな?
来年はもう一人参加表明している小学生選手がいます^^
なんだか、この数十年できていなかったことが、
この数年でできまくっている感じ(笑)

長澤くんは私の隣の席で対局していましたが、
どの将棋も一生懸命頑張っていましたね^^
とても嬉しく思いましたよ!
(それとお昼休みはラッキーだったね!まさかの平手^^)
でも座高が低くて指しにくかったかな?
次からジュニアシートを持っていくといいかも(笑)
姿勢がもっとよくなるかもしれないし^^

途中、みずならの齊藤駿汰くんが私に挑戦してくれました。
この子ほど目をキラキラさせて挑戦してくる子は滅多にいない^^;
もう将棋で教えることはなくなった節がありますが、またやろうね♪

その対局終了と同時に、十勝の小学生1年生の一戸くんも挑戦してくれました。
対局態度が素晴らしい! 一等賞でした^^
将棋は、教わったことをしっかりやるマジメ派! こりゃ楽しみ^^
十勝の皆さまが大事に大事に育てているのがわかる将棋でした。
最後は時間がなくてゴメンね! またやろうね♪
スポンサーサイト

コメント

そーか彼か

昨年、苫小牧市の子供大会で、長澤くんの対局の観戦記を担当した者です。そーか彼か・・・わずか1年間でずいぶんお兄さんになってたから、迂闊にも気づかなかったな。本当に申し訳ない。
ちなみにその子供大会、今年は十勝の一戸くんが参加してくれました。

コメントの投稿

非公開コメント