記事一覧

どうなん王将戦の将棋

どうなん王将戦in今金の将棋から。

先手 長澤一世くん  後手 私

一世君①p

長澤くんは函館の小学2年生。
大会で対戦するのは初めてかな?対戦できて嬉しい^^
長澤くんは右四間飛車を使ってきました。
①図は後手が5三の地点の銀を動かしたところ。
4筋が弱くなったこのタイミングで仕掛けたのが素晴らしい!
①図から、 ▲4五歩△5三銀上▲4四歩△同銀▲4五銀△5五歩▲4四銀△同金 (②図)

一世君②

定跡通りの仕掛け、よく覚えていて素敵です^^
途中に▲3五歩や▲1五歩など、歩を突き捨てて攻めるのも有力です。
色々と試してみると、様々な攻めのバリエーションがある戦型なので、
指し慣れるまでやってみてください。
②図はよくある形。
ここでもしも相手の端歩(9筋)がついていなければ、
▲9五角が良い手になることを覚えておいてください。
仮に△7三桂なら▲5三銀がトリッキーな攻めになります。
②図では、いきなり▲4四飛もあります。
先手は美濃囲いなので、飛車に強いから、攻めに専念できます。

この戦型は、今は「棋力が上の人にも勝てるけど下の人に負けやすい」戦型。
でも使い手の棋力が上がるにつれて、
「棋力が下の人には負けないけど、上の人になかなか勝てない」戦型に変わります^^;
いつかは沢山の戦型が指せるようになればいいと思います^^
今回の対局はとても集中して、好手ばかり指していましたね。
危ないところでしたが、まだまだ負けないように私も頑張ります^^


先手 私  後手 前田貫さん

前田さん③

前田さんとは毎回戦型が違うからいつも対局が楽しみ^^
今回は私が先手の矢倉。
③図は、先手は4八の地点の銀の行き先を保留して、
後手は囲いと6二の銀の行き先を選択できる状態。

ここで△5三銀なら▲4六歩、△2二玉なら▲6八角の予定でしたが、
③図で△7三銀と9筋の端歩を咎める手が好発想でした!
△8四銀~△9五歩があるので後手は攻めに困ることがなく、
しかも片矢倉からすぐに仕掛けることのできるので、
後手が主導権を握る展開になってしまいました。
先手は9筋の端歩を突いていたことが失敗。
そこを見逃してくれないのが前田さんらしい。
矢倉や相振り飛車の端歩は難しいですね~^^;

前田さんの強みは、大局観が鋭く、本筋を理解しているところ。
「こういう将棋はこう指すもんだろう」
っていうのが常に頭に入っている感じ。
一つの筋を深くまで読むのではなく、
その場で盤面を広く分析して対応する。
常に冷静にその局面に対して判断するので、悪手は全く指さず、
一度優勢になると、なかなかひっくり返せません。

これはきっと、立命館大で沢山強い人と指してきたことと、
棋譜並べの効果があると思います。
力と知識のハイブリット的な^^
逆に、「この人あんまり考えずに適当に指してるな~」
って思うこともあるのですが(笑)
前道南竜将恐るべしです^^

前田さん⑥

最後は入玉を試みるも無残にやられちゃいました。
後手の1二の玉や1三の銀の形や、
働いていない駒の少なさが、前田さんの強さを物語っています。
若者は前田さんが対局中に考えていることをよく聞くと、
上達できると思いますよ^^

別件で、表彰式はまず優勝の佐藤樹くんが表彰され、
その次に準優勝の前田さんが表彰され、
その次に3位の影くんと私が同時に表彰されました。
なんだか影くんと一緒に表彰されるのが嬉しかったなぁ^^

それと、このブログを見てくれている北海道のベイベーたちは、
12月1日の夕方頃に放送されるUHBの「みんなのテレビ」は予約済み?
来月のことだと思って先延ばしにすると、スルーしちゃうぜっ!
スポンサーサイト

コメント

No title

過分な評価をありがとうございます
持ち時間が長ければ、もう少し考えますよー(笑)

長澤君は頑張ってるよね(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント