記事一覧

キッカケ

最近また更新できずでした^^;

北海道支部連合会のブログに、
朝日小学生名人戦の大会結果がアップされています。
写真をクリックすると低学年の部の成績優秀者の写真も見れます^^

しっかし、ハイレベルですね!
成績優秀者はそうそうたるメンバー。
入賞できなかった子の中にも、
きっと実力がある子がたくさんいるのだろうなと思います。

私は子どもの頃から函館で、
本格的に札幌に遠征を始めたのは中学生でした。
中学二年生のときは、ラッキーでだけど、
全国大会にも出場しました。

でも、中学2年生のときの自分が、
今の小学生大会に出場しても、入賞できていたかは不安!
少なくとも、間違いなく優勝はできないなと思います^^;
私たちの世代が、低レベルだったわけではないと思うんですけどね(笑)
それほど今の小学生が強いということ。

しかも昔と今とでは、
覚えなければいけない戦法の数が全然違う!
私は当時振り飛車ばっかりでしたが、
対居飛車は持久戦と急戦、
相振り飛車は対矢倉と対金無双、
それだけ覚えておけばなんとか戦えました。

今は中飛車関連と角交換関連が増えてきて、
覚えなければいけないことがいっぱい^^;
定跡と力戦のどちらにも対応できなければ
棋力があっても勝ち続けるのは難しい!
今の子供たちは大変な時代に将棋を学んでいると思います。
その分鍛えられているということでもあります^^

と言っても、入賞できていない子は、
今はハイレベルだからと言って
これから結果を出すのは難しいかというと、そうではない!
私の目で見る限り、小学生大会はどの将棋も激戦が多く、
実力はかなり拮抗していると思っています。

なにかのキッカケでグンと勝率が上がることなんて、よくあること。
そのキッカケを掴めば、みんなにチャンスが巡ってきます。
今言えることは、自分を信じて、将棋を楽しもう。
そうすれば、きっとキッカケを掴むことができる、私はそう思います^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント