記事一覧

函館を代表して

今日は自分の気持ちに対して正直になって、
書かせていただきます。

「小学生名人戦で影悠希くんが準優勝」が嬉しすぎる(笑)
私の周りの将棋に関係のない人にも、自慢しまくっております^^;
自分のことじゃないのにドヤドヤです^^

函館の人はみんな喜んでいると思いますが、
函館を代表してしつこく書かせていただきます。
「小学生名人戦で影悠希くんが準優勝」が嬉しすぎる(笑)

とはいえ、何局か棋譜を見せて頂きましたが、
どの将棋も大接戦でした。
相手も本当に強いなと感じました。
シンプルに好手が飛び交っていて、
「うわぉ、強えぇ。」という独り言を何回も言いました^^;

決勝戦に関しては、序盤が非常に長く、
仕掛けが始まったのが100手を超えてます。
その事実だけでも、両者ともに
相手の陣形の状況を捉えたり、タイミングを見計らったり
できていることがわかります。
この大会のレベルの高さを証明しています。

次は誰がスターになるかはわかりません^^
影くんも伸びしろが無限にありますが、
それは他の子どもにも言えること!
6月の倉敷王将戦はどうなることやら!

将棋の大会は、基本的に
実績が次回の大会に反映されることはありません^^
「こないだの大会は好成績だから今回はシードね」とかはなく、
まっさらな対等の立場で争うことになります。

小学生の大会は特にですが、
棋力以外の力が影響されやすいです。
体力、集中力、場の慣れ、初手合い慣れ、根性。
探せばまだまだありそうですが^^

要するに棋力がそのまま大会結果に
反映されないことが往々にしてあるということ。
棋力が劇的に強くなることが良くあるのですが、
いきなり二段くらいあがることは、一生のうちに一回あるかどうか^^;
それに賭けるのはギャンブラーすぎなので、
成績をあげたければ棋力以外も鍛えるといいかもしれませんね。
そういう意味では、指導者の数(種類)が多い方が良いかも^^

しかし、優勝した齊藤駿汰君の弱点が見つけることができない~^^;
北海道で優勝するクラスの子は、
フィジカルやメンタルが大事ということを、
もともとわかっているということなのかな。

それにしても、「小学生名人戦で影悠希くんが準優勝」が嬉しすぎる(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数