記事一覧

偉さが違う

今日は「アナと雪の女王」がテレビで放送されました^^
レットイットゴーのところだけ子どもと一緒に観ました。

私は大のディズニーファンなのですが、
私にとってアナ雪はディズニー映画の中で
ワースト3位くらいの作品。
他の作品と比べて、なんか「筋が通ってない」
と感じてしまいます。
商業的に成功したから良いのかもしれないけれども。

最近見直した作品で、素晴らしいと思ったのは、
「不思議の国のアリス」です^^
10歳くらいの女の子の、夢の中のお話なのですが、
子どもが持つ無限の創造力を上手に表現している作品でした。

私も子どもの頃は、「自分だけの世界」を常に頭の中に描いていました。
今思えば現実と「自分だけの世界」がごちゃごちゃだったなと思います。

子どもの持つ創造力や可能性を大事にするためにも、
子どもにはあまり口うるさくしないようにしたほうが良いなと、
「不思議の国のアリス」を観て再確認しました(笑)

この作品にでてくる強烈キャラで、チェシャ猫っていう男がいます。
猫なのですが、魔法を操ります。
このチェシャ猫の歌が圧巻だったので紹介します。
「この俺は 摩訶不思議 魔力を持った猫さ
 そこらの やつらとは 偉さが違う 」

そこらのやつらとは偉さが違う♪って凄くない!?
堂々としていて、まったく媚びる気配がなく、圧倒的な自信。
私には非常にかっこよく見えました。
やはり自信を持っているほうが、魅力がありますよね^^
なんかやってくれそうだし、頼れる!
こういう人が団体戦にいてくれたら良い!(笑)

あとイカレ帽子屋(マッドハッター)と三月うさぎも相当強烈キャラ。
この二人の「お誕生日ではない日のうた」って歌がなかなか名曲。
でも子どもから見たら、大人のことをこれくらい強烈なキャラに
見えているんだろうなと思います。

どうせ変人に見られるなら、
怖くて嫌な人間より、優しくて愛のある人間に見られたいなと思います。

今日はどうでもいい話をしてしまいましたね^^;
次の更新は水曜日か木曜日になりそう。
スポンサーサイト

コメント

ほんとうに

どうでもいい話だな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数