記事一覧

どんだけ~

函館高専の斉藤航輔さんが、
春季学生将棋大会個人戦で優勝しました。
おめでとうございます^^
ちなみに斉藤さんは昨年の秋季大会も優勝しています。

先日の将棋センターで行われた例会で、
三局目に斉藤航輔さんと対局しました。

私は斉藤さんと指すとき、
気をつけていることがあります。
それは、「負けない」こと。

もちろん誰と指すときも負けないようにしています。
ただ、相手の得意戦法を見たかったり、
定跡を覚えているか確認したかったりなどなど、
序中盤に関してはバランスを取ることが結構あります。
(手加減ではありません。よりウィンウィンの関係になるためです)

しかし!斉藤さんには、いわゆる「ガチ」!
絶っ対負けないぞという気持ちで指します。
結果、何回も負けているんですけどね(笑)

なぜガチなのかは、大した理由でもないのですが、
今までの斉藤さんの環境を考えたときに、
「負け経験が足りない」ような気がして^^
ゆえにいつもマックスフルパワーで挑んでします。

先日の例会では、私の勝ちでした。
しかも、今までの彼との対局の中で、
一番大差だったと思います。
瞬間的に三手差はついていました。

対局前に春季大会を控えていることを聞いていたので、
私は「大丈夫かな?もしかして調子が悪いのかな?」と思いました。
「やべっ、大会前に悪いイメージを植え付けてしまったかもしれない。」とも思いました。

しかししかし!斉藤さん、さすがは秋季学生王者でした。
感想戦で私が、「春季大会、楽しみだね~。」と言うと、
斉藤さん、「はい!めっちゃ楽しみっす^^」!

ええっ!?たった今、こんな大差で負けておいて!?
斉藤さんのメンタルどんだけ~!?
私の不安を全部吹き飛ばしてくれました^^

なにを聞いても「余裕っす!」的な表情。
いいね!勝者のメンタリティー!

とはいえ、学生将棋界はクセ者揃い。
トップの選手は一般棋戦でもトップクラスだし、
マニアック戦法を好む伏兵が多いのが学生将棋界の特徴。
それに学生大会は一般棋戦と違い、
学生の期間しか参加できないことから、
強い思い入れを持った選手が多い!

一回優勝するだけでも大変なことなのに、
秋季大会からの連覇は、お見事!!
おめでとうございます^^
スポンサーサイト

コメント

自分でもまた優勝できるとは全く思っていませんでした。皆さんのご指導のおかげです!
全国では「自分らしい将棋」を心がけ頑張ってきます!

コメントの投稿

非公開コメント