記事一覧

クチだけ男

学生名人戦に参加した斉藤航輔さんは
二回戦敗退だったようです。
全国大会ですから一回勝つのも大変!
よく頑張ったと思います^^

ちなみに私も学生名人戦は一度だけ参加していますが、
初戦敗退でした。
さらにちなみに、そのときの隣のブロックは
函館出身の高梨孝司くんvs北海道知事杯最強戦で優勝経験のある平野慎太郎さん。
学生名人戦に参加する人は、
有名選手か、あるいは将来有名になる選手が多い気がします^^

全道高校将棋選手権は函館開催でしたので、観戦しました^^
しっかし、個人も団体も将棋のレベルがめちゃめちゃ高い!
お恥ずかしながら、団体戦はラサール高校が優勝候補クラスだと思っていたけど、
ベスト8にも入れなかった^^;

あと強く感じたのは、活気!雰囲気そのものが良かったです^^
おじさんは若いエネルギーを頂いちゃいました^^
今の高校生が大学生になり、運営や普及をしてくれる子が増えれば、
北海道は安泰ですね^^

函館中部高校の阿部奈緒さんが女子個人で優勝!
おめでとうございます^^
阿部さんは今でも十分強いけど、まだまだ伸びしろがあります。
どこかで大ブレークすると思ってます^^

函館柏稜高校の大内大季くんが男子個人でベスト8!
素晴らしい結果です、よく頑張りました^^
ちなみに高校選手権での私の最高成績もベスト8。
大内くんも伸びしろたっぷり^^
一歩ずつ進んでほしいと思います。

北海道支部連合会のブログに、
文部科学大臣杯小中学生将棋団体戦北海道予選の結果でアップされています。
この大会は、三人の団体戦で、同じ学校から三人を集めなければならない、
ある意味非常にレベルの高い大会^^;
函館からは北美原小学校が参加したようです!素晴らしい!

現在の函館市の人口は約27万人程度だったと思います。
これくらい人口がある市なら、参加できる学校は結構あると思いますが、
これくらい人口がある割に、大会に参加するための車移動で少なくとも5時間!
これくらい人口がある市でこれくらい移動時間がかかる市は、
全国的にもそんな多くないんじゃないかなと思います。
何が言いたいかというと、大変!不利だ!ずりぃ!(笑)

できれば小中学生には、この大会に参加してほしいと思っています。
だって、こんなに早く団体戦を味わえる機会なんて、そうそうないですもん!

でも函館からの参加は大変。
軽々しく参加したほうが良いって言えません(笑)
それに、道場で一位と二位の子が同じ学校なら、
参加する気にもなるかもしれません。
しかしなかなかそんな好条件にはなりませんからねぇ。

道場の同世代の子になかなか勝てず、
対局時計の使い方も覚えたての子に対して、
「移動は大変だけど全道大会に行こう」って言っても、なかなか^^;

でも参加する意義は大いに大いにあります。
〇知らない子と指せる
〇知らない場所で指せる
〇団体戦の面白さを味わえる
〇友達(チームメイト)とより親睦が深まる

この大会に参加すれば、将棋熱が上がること間違いナシ!
というわけで、グチグチ言っても始まりませんので、
函館に限らず札幌遠征が大変な地区は、
独自に小中学生団体戦大会を開いちゃえば良いんじゃない!?

「ウチの子の学校に、以前将棋道場に通っていた子がいるらしい」
「ウチの子の学校に、将棋に興味のある子がいる」
あるあるですよね!?
いやいや、あるあるです!

そういう子を取り込んでいければ、将棋人口も増えますし、
なによりも本人たちが楽しいと思います!
それが地元で開催されるとなれば、誘う方も誘いやすい!
参加校が多ければ、保護者さんのイメージも良し!

そこで優秀な成績なら、札幌遠征の壁が小さく見えます^^
あとは小学校の運動会シーズンなので、それをかわせるかどうか(笑)

とはいえ、運営陣も忙しいですからねぇ^^;
ましてや函館は年々イベントが増えていますから。
口だけでやらない男の小さな夢のお話でした^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数