記事一覧

ドブネズミみたいに

最近将棋クエストで指した将棋の中で
参考になる手筋があったので紹介します^^

①

先手が矢倉で後手が居飛車美濃でした。
左辺が覚えていないので省略しました。すみません。
まだ先手玉は攻め込まれていなかったはずでした。
先手は端(1筋)を詰めているのと、
2筋~4筋までの歩が切れている方が大きいです。
①図から、▲4二歩△同金▲2二歩 (②図)

②

①図で▲4二歩に△同玉なら▲2二歩。
▲4二歩に△5一金なら▲4一銀。3二の地点の銀がいなくなれば▲2三飛成。
ゆえに▲4二歩には△同金。そこで▲2二歩。
②図から、△2二同玉▲2四歩 (③図)

③

②図の▲2二歩に対して△3一桂は▲2一歩成で、
△2一同玉なら▲1三歩成、△2一同銀なら▲2三飛成。
ゆえに▲2二歩には△同玉。そこで▲2四歩。
③図から、△2四同歩▲同角 (④図)

④

③図の▲2四歩に対して、放置すると▲2三歩成△同銀▲2四歩△3二銀▲2三銀。
相居飛車において▲2四歩はよほどのことがない限り放置できません^^
なので▲2四歩に対しては△同歩がセオリー。
その△2四同歩に対して▲2四同角が気持ち良し!
4二の地点の金取り&▲1三角成の両王手のダブル狙い!
④図から、△3一玉▲2三歩 (⑤図)

⑤

④図で二つの狙いを同時に受ける△3一玉が最善の受けっぽいですが、
そこで▲2三歩と「垂らしの歩」。
▲2三歩ではなく▲2二歩なら△3三桂▲2一歩成△同銀でパッとしないです。
▲2三歩ではなく▲2二銀でも△4一玉でスカッとしないです。
⑤図から、△3三銀▲2二歩成 (⑥図)

⑥

アンビリーバボー!!3枚の歩だけで崩せました^^
矢倉系の将棋で歩が切れている(歩が自由に打てる)状態は
やはり手筋の宝庫!
▲2二歩成に同玉は▲1三角成△3二玉▲2三飛成△4一玉▲2一竜。
▲2二歩成に同銀は、▲4二角成△同玉▲2二飛成。
ちなみに最後の△3三銀が仮に違う手だったとしても、
▲2二歩成が決め手になりそう^^
全部①図からノータイムでバシバシ!気持ち良し(笑)

実は⑥図で相手の方が投了。これもアンビリーバボー。
あくまでネット将棋。しかも2分切れ負け。
たしかに⑥図では先手が優勢になったのですが、
これくらいで諦めるようじゃ、勝ちたいときに勝てない!

潔く投了するなんて、古い古い!
バッドルーザー(bad loser)は良くないですが、
往生際の悪い盤上のバッドルーザーは良いじゃないですか^^
むしろ今まで自分の指した手に責任を持たず、
逃げ出すように投了するほうがバッドルーザー。

⑥図は左辺がよくわからない状態だから説得力がないですけど、
△4一玉~△5二玉で粘って頑張れば、少なくとも10局に1局は逆転できる。
私は今までそんな逆転劇、痛いほど味わってきた。だから強くなれた!
ましてや2分切れ負け(笑)

将棋において、相手にしてもらって嬉しいことは
ミスでもノータイム指しでもない、
諦めてくれること。

将棋において、相手にしてもらって嫌なことは、
穴熊でも入玉でもない、
一生懸命頑張られること。

強い弱いでも、好手悪手でもなく、メンタル。

一生懸命頑張ることは、棋力が高くなくても出来ること。
そして、指したくないくらい辛い局面ほど、棋力向上に繋がります。
粘れば強くなるんです^^ 難局は厳しき恩師也!

練習で粘らない人が本番で粘れるわけがありません。
10局に1局逆転できるようになって、
その1局がどうしても勝ちたい1局かもしれません。

そういえば私がフィーバーしたときの全道大会準決勝、
中盤で飛車損でした。さらに終盤で飛車銀損に^^;
終局後釧路の先輩に「諦めないといいことあるんだなぁ」と
言ってもらったのが今でもいい思い出^^

逆転が10局に1局というのもテクニック次第!
スキルがあれば2局や3局になります。
要するに逆転の構図を描けるかどうか。
この投了した相手の方はそれを行わなかった。
10局中0局。勝率を損しています。

何回も書いているかもしれませんが、
元朝日アマ名人のK内さんは北海道随一の逆転シナリオライター。
ちなみに新朝日アマ名人の横山さんも相当な逆転フェチ。
強い人は諦めない。いや、諦めないから強い。諦めないから強くなった。

練習でも諦めないこと!
ネット将棋で入玉したっていいじゃないですか^^
練習で入玉しない人が本番で入玉をできるはずがない!

将棋は自分で負けを宣言する珍しい競技。
レフェリーが笛を吹いたときでも、
9回裏に3回アウトを取られたときでも、
3セットを奪取されたときでもないのです。

そこに美しさを求めて潔く綺麗に投了するより、
ドブネズミみたいに一生懸命頑張って投了した方が、
私は美しいと思います^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント