記事一覧

居玉について

先日はごきげん支部あいざわさん、牙狼さん、
コメントありがとうございました^^
しっかし、ごきげん支部って良い名前ですよねぇ。
憧れます^^

牙狼さんは腰が痛いんですねぇ^^;
私も腰痛がある人です、牙狼さんほどではないと思いますが。
私が将棋をしていて一番腰が辛かったシーンは、
全国一斉名人戦大盤解説会で聞き手をしたとき^^;
一日中それなりに良い姿勢を保ちながら立ち続けるのが
あんなに辛いと思わなかった^^;
あのときは改めてプロ棋士が凄いと思いました^^

さて先日の市民会館でのイベントで、
時間が空いたときに指したK元くん(小学5年)との将棋。
先手(上手)が私、後手(下手)がK元くん

①隈元 正解

K元くんとは二枚落ちでは手合いが違いますが、
飛車香落ちとなると厳しい。中間があれば良いのにって思うのは指導者あるある^^;
でもK元くんは二枚落ちでもいつも良い勝負になってしまう。
理由は簡単、居玉で戦う癖があるから^^
口で言って分かるものではないので、
ここはガツンと将棋で示そうと思って指しました。
①図はやはりK元くんが先制パンチを仕掛けてきました^^
①図から、△6六歩▲同歩△同銀▲同角△5七金 (②図)

②隈元 正解

とはいえ、居玉でガンガン攻めるのは、私もそうでしたからね^^;
そもそも①図のように定跡を自ら変化させる姿勢は、好感度アップ!
定跡ばかり指して勝った負けたとするよりも、
こういう元気の良い将棋を指していた方が得るものは大きい。
本筋と違うベクトルに進めば、新しい道も見えてくるし、
その道が過ちなら、本筋がいかに大事か学べる。
道を間違え過ぎたときに本筋に戻してあげるのが指導者の役割なのかな^^
だから結論てきには子どもは少しズレている方が良い。
②図から、△5七同角▲同玉△3八銀▲5八銀△2七銀成▲6七金△3七銀 (③図)

隈元③

②図から角を切るのは好手じゃない!だからこそ、のちに角の大事さがわかる。
笠井さんの角の使い方を見せてやるぜっ!
別件で△3八銀は将棋を楽しんでいるなって思う^^好感度アップ!
さぁ、くらえ!居玉で戦うことの恐ろしさを知るがいい!
③図から、▲1五角 (④図)

④隈元 正解

王手成銀取り!!
ざまあみやがれぃ^^
④図から、△3三桂打▲3七角△4五桂 (5図)

⑤隈元

王手角取り!?
アベシ!!

大技を必殺技で跳ね返されてしまいました^^; トホホ。
こんな手を指せるなんてやはり二枚落ちの手合いじゃないですねぇ。
一般的には、大技をされたときに、
読みになかったくせに「読んでました」といわんばかりに
ノータイムで指してしまう子がほとんど(笑)
でもこの子は大技を喰らったときでも冷静になれる子。
ようは自分に勝てる子、逸材。

そもそも居玉(玉が5一の地点のまま動かない)がよくない理由は、
〇左右どちらからでも攻撃を受けてしまう。(いつも戦場から近い)
〇角の両取りを喰らいやすい。(本局のように)
〇5三の地点に成駒を作られると受けにくい。(5三の地点は成駒を作られやすい)

これらを踏まえると、あれっ!?
玉が5一の地点っていう形も悪いけど、玉が5三の地点っていうのも悪い!
ってことは、本譜は理論的に私も居玉のような悪形で指していた!
子どもに教えるつもりが、教えてもらっちゃいました^^

とはいえ、「玉は下段に落とせ」という格言があり、
玉は居玉のように1段目にいると詰まされやすいです。
先日話題になった竜王戦の藤井vs増田戦もそうでしたが、
居玉はやっぱり勝ちにくいので、できるだけ囲いを作ってから戦いましょう^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数