記事一覧

方針を定める

また北海道支部連合会HPに載っている
全道選手権の棋譜を見たのでその感想です^^
少なくとも一回戦の対局は全部見るつもり。

岡本敏弘vs三波弘明
先手の岡本さんは私の大学の先輩です^^
後手の三波さんは平成23年全道高校選手権で
3位に入賞されている方!

戦型は居飛車穴熊対四間飛車の戦いでした。
やっぱりアマチュアの将棋は良心的な戦型が多い^^
子どもたちにとってはアマチュアの将棋を見る方が面白いと思います。

岡本三波①①

この局面で後手の手番。
選択肢が多そうな難しい局面ですが、
本譜は①図から△8一玉でした。
すでに戦いが始まっている中盤で、
一旦自分の王様の位置を変えるというのは、勇気がいる!
素晴らしい手だと思いました^^
最善手かどうかとかはわからないですけど、
仕掛け以降にこういう落ち着いた手が指せる人は強いなぁと思います!
流れに任せて指さずに、その局面で指すべきことを冷静に指す。
なかなかできないことです。

岡本三波②

端攻めが上手く決まって先手玉はフワフワ系です。
ここで三波さんは飛車を端に転換する手が見えてしまったことが不運の始まり。
本譜は△8三銀。攻めだけ考えれば好手ですが、
囲いがバラけてしまうのが先手にとって好条件になってしまい、
▲2四飛~▲2一飛成で急に後手玉が危険な形になりました。

大会での秒読みの中、
攻めていたつもりが急に相手に攻められると、
何を考えれば良いのかわからなくなっちゃうことってよくあります。
楽なのは、「攻めるだけ」か「守るだけ」の展開です。
優勢時は方針を定めることが大事。なので、
前もって方針を定めやすい指し方をするのもテクニックの一つ。
そういう意味では△8三銀は好手だけど自ら複雑にしてしまった感じです。
惜しい将棋でした!三波さんはこれから活躍しそうだなぁ!

ちなみに、テクニックについて補足ですが、
劣勢時は攻めさせたり守らせたり指せる手を指すのが有効。
方針を定めさせないよう複雑な局面に誘導すれば、
相手から中途半端な手がでてくることがあります。
そういう技を身に付けると、劣勢時から逆転できるチャンスが増えると思います。
逆転のテクニックは、最善手を求めるコンピューターソフトには
難しい部分かもしれないですね^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数