記事一覧

一回王手しておく

今日も日本将棋連盟北海道支部連合会HPの
全道選手権の将棋から^^;

川村(釧路)vs和田(網走)
実力者同士のカードですね^^
和田さんは私の大学の先輩です。
角交換振り飛車対居飛車銀冠でした。

川村和田①

ここで和田さんが△4五歩と一歩交換をしたのが欲張りすぎでした。
△4五歩▲同歩△同銀に▲4六歩と謝ってくれれば、
後手だけポイントゲット(1歩を持ち駒にできる)になります。
しかし川村さんは△4五歩▲同歩△同銀に▲4八飛。
あっさり戦場を2筋から4筋に変えたのが好判断です^^
欲張ると必ず隙が生まれますよ先輩(笑)

結果的に後手は銀冠が完成する前にドンパチを強いられることに。
△7四歩~△7三桂をしておきたかったのです。

でもここからの和田さんの粘りが素晴らしく、大混戦になりました。
ただ、この将棋の最大のテーマは「端歩」。
先手は9五の地点まで歩を伸ばしているので、
懐が広くて自由があります。

向上心のある方は、
「もし仮に先手の端歩が、9五の地点ではなくて9七の地点だったら」
という妄想をしながら棋譜を見てみると面白いと思います^^
端歩の大事さがわかる将棋です。


崎野(函館)vs葛西(釧路)
今年の春から函館に来てくれた大物・崎野くん。
この将棋を見ても、やっぱり狂犬染みている^^;
とにかく噛みつくのが早い。

崎野葛西

噛みつきが早い分、正確に指されると若干苦しくなってしまうもの。
嚙む場所を変えながら喰らいついていましたが、
葛西さんが完璧な指し回しをして、
局面はずっと葛西さんがリードしていました。

上の図は8一の地点にいた飛車を▲8二飛成とした局面。
なにか駒を取ったわけではなく、
ただ飛車の横効きを1段目から2段目に移しただけの手。
とうとう体力がなくなったところでした。

ここで△7三銀打なら、先手は困っていましたが、
本譜は△4七歩成▲同玉△7三銀打。
一見大した変わらなそうですが、意外にそうではありませんでした。
損のなさそうな△4七歩成▲同玉のやり取りは、
・1枚の歩を得た
・歩を打てるようになった(二歩じゃなくなった)
と二つの得を与える手になってしまいました。

しかし大会で秒読みの中、受けの手の読みを深くするために
「一回王手をしておく」というプレーはよくあること。
王手は避けられないので、攻められる心配はほとんどないですから。
ある意味、強い人が勝つために使う手段なのです。
その手段がまさか相手にチャンスを与えてしまうというのは、
不運だなぁと思います^^;

とはいえ、ここからわずかなチャンスをモノにする崎野くんも見事!
さすが全道選手権、ハイレベルで見応えありますねぇ!
スポンサーサイト

コメント

先輩?

笠井が和田とか岡本を「さん」づけで呼んでるの初めて聞いた。ほんとに先輩だと思ってんの?

ちなみに俺も「さん」をつけられたことがない・・・クソガキとは言われたことあるけど・・・。

コメントの投稿

非公開コメント