記事一覧

セオリー

昨日は将棋センターで例会が開かれました。
楽しませていただきました^^
席主の中さんありがとうございました。

若者が沢山参加してくれていて、嬉しかったです。
もっと参加してほしいけど、
大人の人数を考えると、ちょうどいいのかな。
社会人4名(車3台)、
小学生2名、中学生1名、高校生1名、大学生3名(車1台)。

二段で指している高専生との将棋。飛車香落ち。
先手(上手)が私、後手(下手)が高専生。

渋谷笠井①

飛車香落ちって難しいですよねぇ^^;
二枚落ちの次が飛車香落ちって厳しい!中間が欲しい^^;
私に二枚落ちで勝ったら初段、飛車香落ちで勝ったら三段、
飛車香落ちでいい勝負なら二段ってとこでしょうか?甘いかな?(笑)
何が難しいって、香車がいないことを利用するのが難しい。
そこに意識しすぎると端の戦いになり、結局中央から崩されてしまい、
手数をかけた端があまり関係なく終わってしまう。これは飛車香落ちあるあるです。
①図から、 △6五歩▲同歩△8八角成▲同金△9九角▲7八金△2二角成 (②図)

渋谷笠井②

香車がいないことを上手く利用しました。素晴らしい!
厳密なことを言うと、最後の△2二角成は△3三角成の方が味が良い。
・3四の地点を守っている。(▲3四桂とされる心配が減る)
・壁にならない(玉の逃げ道を空けている)
でも△3三角成だと△7七角と合わされてしまい、
せっかく作った馬が消されちゃので△2二角成は仕方ないです。
要するに、少し損をしながら馬を作ったことになります。
②図から、▲7七桂△4二飛▲8四角△6五桂▲同桂△同飛▲7三角成△9五飛 (③図)

渋谷笠井③

▲8四角の脅しに対し、△6五桂は素晴らしい!よくビビらなかった!
△9五飛は読みを外されました!素晴らしい!
香車がいないことを上手く利用しました。一局で二回も利用するなんて、ビューティフル!
でも、手数をかけて端から飛車を成りこむ手って、筋の良い攻めではないのです。
筋の良い手ではない手を指すと、必ず後で悔やむことになるのが将棋あるある。
③図から、▲4六桂△9七角成▲5四桂△9八竜▲6二桂成△同金▲同馬△6六歩▲5三馬△4二桂(④図)

渋谷笠井④

▲4六桂は飛車落ちあるある。相手が美濃囲い系には好手になりやすい^^
銀取り&▲3四桂狙い。この手を指したいときは、序盤に▲4五歩必須!
▲5四桂に対し、△5四同歩は▲6四馬で王手竜取り。
3一玉型美濃囲い&筋の良くない飛車成の二つが重なったことで、
セオリー通りになっちゃってます。
とはいえ、忙しい局面で下手は素晴らしい指し回しです。
こういう忙しい局面で遅い手や意味の少ない手を指さないなら、少なくとも二段はありますね。
最後の△4二桂は仕方のない手。でも受けだけのために桂馬を投入したのはもったいない。
なので序盤で△2二角成ではなく△3三角成と指したかった。仕方なかったけども^^;
④図から、▲6六銀右△同馬▲同銀△7八竜▲4八金打△4六桂 (⑤図)

笠井渋谷⑤

最後の△4六桂が鋭い一着!桂馬一枚で金一枚を囲いから剥がしました!
本譜は⑤図から△4六同金▲5八金△4七金引(⑥図)と進みました。

笠井渋谷⑥

▲5八金も鋭い手でした!
△4七金引を見ると、△4六桂が一手まるまる得をする手だったことがわかります。
もっと言えば、4二の地点に打った桂馬が持ち駒にあれば、もう一発△4六桂ができました。
桂馬二枚で二手稼ぐことになります。△4二桂は仕方なかったけども^^;

本譜は⑥図から△2九銀でした。
△2九銀も鋭いながら、やや駒を使い過ぎでした。送りの手筋って呼ばれる技ですが、
この技は攻め切れなければ駒不足になりがちです。送りの手筋あるあるです。
⑥図では▲4六銀が正着だったようで、逆にいえばそれしかなかったようです。

最後一手だけやや甘い手筋を指したがために下手負けという、世知辛い将棋^^;
・△4二桂が仕方ないけどもったいない手。桂を使わず△2二玉としたかった。
・そのためには序盤で△2二角成としない工夫が必要だった。
・筋の良くない手(△9七飛成狙いの手)はあとあと響いちゃう。

要するにセオリー通りの将棋だったということ。
それはすなわち、この高専生がすでにセオリーを語れるくらいの実力者に相違なしということ^^
終局後はベタ褒めしちゃいました。
ミスがあったり基本ができていなかったりなら、セオリー云々になりませんからね^^

あとは筋の良い手を指すようにできればグッド!
そのためには強い人の将棋を見ること(棋譜並べも良し)です^^
スポンサーサイト

コメント

お疲れ?

②△62飛
③△97飛成
だね。一応訂正

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数