記事一覧

居飛車急戦対四間飛車

本日はアマ竜王戦全道大会でしたね。
函館選手の結果は直接聞きました!
きっと近々、日本将棋連盟北海道支部連合会のサイトに
結果がアップされるんじゃないかと思いますので、
要チェックです^^

昨日将棋センターで高校生と指した将棋の感想戦の内容です。
便宜上先後逆。手番は先手(手前)です。ちなみに先手が私でした。

急戦スタート


居飛車の急戦 対 四間飛車
一昔前は、対振り飛車には居飛車急戦が多かったですね。
そして振り飛車も、基本は四間飛車が主流でした。
最近は居飛車は穴熊が多く、振り飛車は中飛車が多い気がしますが、
指導者はまだまだ一昔前の人間が多いので、どこかでこの局面に出くわす可能性あり!
一応この戦型も勉強しましょう^^
とは言っても、私自信この形を研究したことがないので、間違ったことを言うかも^^;
そのときはご指摘ください。

さて、居飛車はここから、
▲4六歩なら「▲4五歩早仕掛け戦法」。
▲3七銀なら「棒銀戦法」
本譜は▲4六銀△3二飛▲3五歩△1二香▲3四歩△同銀
と進みまして、「岐路図」。

急戦岐路

本譜を進める前に、一番ベーシックな指し方を紹介します。
「岐路図」から、▲2四歩△同歩▲3八飛 (A①図)

急戦A①

「A①図」は振り飛車の手番ですが、ここが非常に大事な局面。
▲3八飛の銀取りに対し△4三銀と銀を逃げたりすると▲3五銀でまずい。なぜなら飛車と角が窮屈で捌きにくいから。
基本的な考え方として、居飛車の攻めの銀が、5段目までくるとヤバい!って覚えておいてください。

「A①図」から△4五歩▲3三角成△同飛▲8八角 (A②図)

急戦A②

「A①図」で△4五歩が捌きの好手。駒が入り乱れていて複雑ですが、部分的な定跡です。
「A②図」から、△4六歩△3三角成 (A③図)

急戦A③

「A③図」からは△3三同桂▲3四飛となるかと思いますが、これはほぼ互角か。
ただし!「A①図」で△3六歩という手を見たことがあります。(A④図)

急戦A④

「A④図」から▲3六同飛と取り、先ほどと同じ手順で進んだ場合、
「A④図」から、▲3六同飛△4五歩▲3三角成△同飛▲8八角△4六歩▲3三角成 (A⑤図)

急戦A⑤

「A⑤図」は△3六歩の効果で「A③図」と先手の飛車の位置が違います。
「A③図」では△3三同桂と進むと書きましたが、
「A⑤図」では△4五銀という手があります。(A6図)

急戦A⑥

△4五銀は、馬を取らずに飛車取り!という手。
馬が逃げれば飛車を取るし、飛車が逃げれば馬を取る。
「A⑥図」は振り飛車の駒が捌け、しかも駒得なので、振り飛車優勢になりました。
△3六歩~△4五銀恐るべし。ということで、
最近は「岐路図」から▲2四歩~▲3八飛を見なくなったような気がします。

「A①図」で△5一角というオシャレな手もありますが、それに対して▲3三歩がオシャレ泥棒な一着。
しかしその変化は今回はパス。ごめんなさい。

昨日の本譜は、「岐路図」で▲3五歩と指しました。
それはまた近々^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント