FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二期どうなん王将戦のお話パート2

第2期どうなん王将戦のお話の続き。

A級の決勝トーナメント準決勝の将棋です。
先手が私、後手が前田貫さん。
手番は先手。

①前田さん

前田さんとは予選リーグでも対局していたのですが、
そのときの戦型は矢倉で、ボコボコにやられました。
今回は相振り飛車で挑戦。
先手の私の陣形は、私がよく採用するオリジナルの形です。
かなり守備意識の高いフォーメーションで、5七の地点に角を据えるのが特徴。
相手からの仕掛けが難しいのが長所ですが、こちらからの仕掛けも難しい^^;
①図で私の次の一手はなんでしょうか?^^
最善手はなにかわかりませんが、私としては大事な一手と思いました。

②前田さん

私が①で指した手は▲8五歩でした^^
本当は指したくない手でした。
なぜなら、桂馬が8五の地点に跳ねれなくなるからです。
それは端攻めができなることを意味していて、攻めのバリエーションが減ったことになります。

ではなぜ▲8五歩を指したのかと言いますと、
△8四銀が嫌だったからです。
後手の陣形は、こちら側から見て左辺に戦力を集中させています。
ゆえに左辺で戦いが起きるのは先手としては不安!
例として、先手が▲8五歩を指さず、ボケっとしていたなら。
①図から▲2八玉△8四銀▲3八金△7五銀▲8九飛△1五歩▲同歩△6五歩 (変化図)

③前田さん

矢倉の厚みを活かして相手の攻め駒を攻めるのは、相振り飛車ではよくある戦術。
「左辺で戦いが起きることは、後手としては玉がいるので怖いはずだ!」
そんな概念はなくさないと、相振り飛車では痛い目に遭ってしまう^^
変化図を反転するとこうなります。

③ひふみん

うんうん、前田さんはよくこういう感じで圧力をかけてくる!
前田さんなら桂馬まで使ってきそう^^
相振り飛車で勝ちたいなら、このような手順も参考にしてほしいなと思います。
女性同士の将棋を見ると相振り飛車が多いけど、
あまり攻め駒を攻める指し方はしないですよね~。

そんなこんなで、①図では▲8五歩と指しました^^
自分の指したい手より、相手のやりたいことを消すことを優先する。
最善手かどうかはわかりませんが、▲8五歩は自分らしい手と思います^^

決勝は高校三年生の野田省吾さんでした。
また後日^^
スポンサーサイト

コメント

指してて、85歩には違和感を感じたんだけど、解説を聞くといい手のような気がするね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。