記事一覧

矢倉の手

maedaさんコメントありがとうございます^^
前回の記事の▲8五歩は、他の方からも突っ込まれました^^;
私の感覚がズレているんだと思います(笑)
まぁ、自ら悪形にしてでも、
好きにさせないぞっていう考え方もあるということで^^

今金町で行われた第2期どうなん王将戦決勝戦。
先手が私、後手が野田省吾くん。

④野田くん

後手の野田くんは角交換振り飛車。
角交換振り飛車は仕掛けの権利を持っていることが魅力で、
主導権を握りやすい戦法です。
しかしこの局面では後手からの仕掛けが難しい!
むしろ次に先手から▲5六角と打たれると受けづらいし、
陣形も整い切ってしまって指す手に迷います。
ゆえにすでに先手が指しやすいかと思います。
④図から、△9五歩▲同歩△9七歩▲8六銀 (⑤図)

⑤野田くん

後手はボケっとしていてもしょうがないので、
端から仕掛けてきましたが、はっきり駒不足。
桂香歩だけの端攻めは簡単にはいきません。
そして⑤図の▲8六銀が鉄板の受けの一手。
銀が四方八方に利いているので、攻めづらくなりました。
この8六の地点の銀、他のどの銀より働いています^^
感想戦で聞きましたら▲8六銀は見落としだったようです。

鉄板の手だけど見落としちゃったのには、理由があります。
それは矢倉を経験していないから!
矢倉では頻繁に出現する手なのです^^

矢倉は手筋の宝庫と呼ばれています。
「手筋」っているのはいわゆる「技」、
サッカーで言えば「ワンツーパス」とか「三人目の動き」のように、
崩しをするために必要なものです^^

なので矢倉を経験すれば技が身につき、攻めの基本が学べます。
技は多ければ多いほど武器!
それと同時に、崩されてばっかりではなんなので、
受けの技術も身につきます。
逆をつかれず、どの技にも対応するのが受け!
矢倉はシンプルに攻めと受けのテクニックがつきます。

実は前回の記事も、矢倉囲いの銀に前進されると困るというお話でした。
相振り飛車でしたので逆側の矢倉囲いでしたが、
△8四銀が嫌なので▲8五歩で牽制しちゃう的な^^

野田くんは振り飛車党なので矢倉は未経験なのは当然ですが、
より上を目指すなら、矢倉を学ぶのが上達への近道かもしれません。

とはいえ、函館で矢倉を経験しましたと胸を張って言える人は少ないです(笑)
極端に振り飛車党が多いですからね~^^;
例えばオーソドックスな矢倉を見せてと要求しても、応えてくれる人が何人いるか。
私には聞かないでくださいね!
まぁ函館の話は置いといて、
今回の▲8六銀や前回の△8四銀は覚えて欲しい手です^^

今日の将棋に関しては、すでに急がされている局面でしたので、
本譜の展開は仕方なかったと思います。
別件で、きっとそのもっと前の段階で、
後手の飛車先の歩を一個でも伸ばせていたなら
選択肢がもっと増えていたと思います^^
スポンサーサイト

コメント

勉強になりました。
86銀で痺れてますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数