記事一覧

より自由

今日は将棋センターで道南支部連会長とチラッと打合せ。
それと道新さんへお渡しする全道選手権函館予選開催要項をサクッと作成。
どちらも組織が新しいために発生した仕事でした。
なんだか、一歩ずつ前に進めている気がします。
来年になればだいぶ楽になるんじゃないかな。
組織が少しずつ軌道に乗ってきている感触です。
それもこれも、みなさんのお力添えのおかげです。

連絡です!
小学生倉敷・中学生選抜・高校竜王戦が近づいてきました。
ですので、6月18日まで、週一回ペースで、夜に将棋塾を開催します^^
第一回はいきなしですが明日!
6月2日(木)の18時30分~22時まで、場所は函館将棋センターです♪
これは、強くなるための企画ではありません。
勝つための企画でございます!
いつもよりガチンコ笠井がお待ちしています。

さて、中央支部掲示板で、「一般戦でB級戦があれば嬉しい」とご意見いただきました。
ありがとうございます。
とにかく参加者からの生の声が聞きたいので、嬉しいです。

B級戦は以前ありましたが、
各棋戦の主管団体が道南連合に変更されたときから、「一旦中止」しています。
その理由は、大きくは下の3点です。

①大会方式を、トーナメント戦からスイス式トーナメント方式に変えたこと
②B級戦の参加者が減少傾向にあったこと
③運営陣の人数不足であること

①が一番大きいかと思いますが、
これは長くなるので明日^^;ごめんなさい。

②に関してです。
連合が主管する前の各棋戦の傾向では、
A級参加者が10名程、B級参加者が5名程。
しかしB級参加者の蓋を開けてみると、2~3人+A級で負けた人+遅刻した人等。
これだけでもご想像がつくかもしれませんが、ラフな雰囲気でした。個人的には大好きですが。
B級戦を開催することによって、大会参加者を多く見せるための工夫はできますが、
実際にB級戦の大会に参加したいという選手は少なかったかと思います。
現在はラフな大会にしておりませんので、
開催しても参加者が2~3人となるのが怖かった、というのが本音ですね。

③に関してです。
現在スイス式トーナメント戦の対戦カードを組むことができるのは、連合の役員の中で私だけです。
昨年は私が運営兼選手として参加したこともありましたが、結構ハードでした。(皆さんに待ち時間ができてしまう)
そこにB級戦の運営を加えるのは、ヘビーだという結論でした。
運営をお手伝いしてくださる方(選手保護者)がいらっしゃるので、
その方たちにパソコンのソフト等で対戦カードを組んで頂くという案もあります。
ただそれは、組織性を大事にする諸先輩たちにとって面白いことではないので、
選手保護者の方に連合の役員になって頂く等の順序立てが必要になるかもしれません。
しかし私は、全道選手権以外は運営に回るつもりなので、
私に冠婚葬祭等がない限り、今年度はクリアです。

②も③も、B級戦を開催をしない直接的な理由には当たりませんが、
開催するためには別の改善すべき点を一つずつ解決する必要があります。

ただ、この組織は一歩ずつ前進できています。
ポジティブなご要望があれば、前向きに検討したいと思っています。
この調子なら、「より自由で楽しい将棋界」にできると思っています。

とは言っても、一番検討しなければいけない点は、
「現在の函館にB級戦が必要か否か」。
私の直感は、半々。結論がでません(笑)
これに関しては①のスイス式に変えたことが、ヒントになるかと思います。
明日塾帰りに考えてみます。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数