FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒落ちフェス

ようやく函館の厳しい冬も落ち着きそうですね。
今年ほどの大変な冬は今までなかったです。
何十回、埋まっている車を押したことか。
牽引も何回もやりました。
これからは雪解け水による被害がでなきゃいいけど。

最近は駒落ちの将棋を指したり見たりすることが多くなりました^^
将棋センターでの例会は手合い戦(差があれば駒落ち)です。
青森との交流でも駒落ちは多いです。
プロ棋士が函館に来てくれることも相当増えました。

今の函館の指導者は私を含め、駒落ち経験が少ない!
上手も下手も不慣れ!
結果、そんな指導者に教えられている子どもたちも、
駒落ちでの成績がよくない(笑)

今年も夏に行われる競馬函館開催では、
恒例イベントになりつつあるあの指導対局会が行われる予定です!
しかも今年はお一人だけではないようです!
なんて素晴らしい!なんて素晴らしいのでしょう!

でもその前に、指導対局を受けるにあたって、
駒落ちの勉強をしなければいけませんね^^

基本的に大事な大会は総平手ですから、
駒落ち戦は練習の意味合いが強いです。
その練習を勉強することは、
練習の練習をしているようで、
元も子もないような気もします。

しかし、よく道場で、
「AくんとBさん、対局してください。Bさんの角落ちで。」
とか言うと、Bさんは
「角落ち?やったことないからわからない!定跡知らない!」
って言われます。

みんな初めは初体験。わからないからやるべし!なのです。
定跡は知らなくても好きなように指すべし!なのです。
私も駒落ちの定跡知らないし^^

それでAくんとBさんの対局を覗くと、
普段長考なんてしたことないくせに
不慣れ過ぎて5手目くらいから頭を傾げて悩んでたりします。
仕方ないのですよね。
覗いている指導者すら傾げてるという^^;

というわけで、夏まで駒落ちフェスティバルですね。
たくさん駒落ちを指して慣れてほしいと思います^^

北海道新聞社主催の「プロに挑戦 将棋道場」に
10年ちょっと前、私も参加していました。
そのときの記事を母が保管してくれていたので、
スキャンして貼ります^^
3回くらいに分けてアップします。
見づらいかもですが、盤面だけでも^^

飛車落ちに定跡があるなんて知らなかった時代の私の将棋。
桜井先生の文章が優しくて良い思い出^^

飛車落ち1譜2譜

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。