記事一覧

支部会員

今日も小学生~高校生と特訓です!
お昼過ぎから将棋センターに行ってました。

それにしても子供たちが楽しそうに将棋を指している姿は、素敵ですねぇ。
でもたまに、「集中しなさい」とか「駒を綺麗に並べなさい」など、叱られています。
その度に、私は辛い気持ちになってます(笑)
しかしそれは、みんなが集中しているときに、
私がみんなを褒めてあげれてないからなんだろうな。

今日の席主とKさんとの会話です。
席主「相談があります。うちの支部は支部会員登録が7月切り替えです。
   3000円かかりますが、出来れば支部会員になってください。」
Kさん「えっ?私は毎月、月会費を払っていますよ。」
席主「月会費を払ってもらっていますので、Kさんは函館中央支部の会員ですが、
   今回は日将連の支部会員になってくださいというお話です。」
Kさん「意味がわかりません、函館中央支部の会員なのに支部会員じゃないんですか?
   それになんで二種類の会費を払わなければならないのですか?」
私「月会費はあくまで指し放題の料金です。
  でもそれだけだと支部会員の登録になってません。」
Kさん「他の支部ではこんなことは今までなかったし、そもそもメリットは?」
席主と私「・・・」

ちなみにですが、Kさんは多忙なのによく将棋センターに来てくれて、
子供に優しく指導してくれています。
他にも重要な役割を果たしてくれている方なので、
函館中央支部にはなくてはならない存在です。
過去に遡っても、Kさんは函館将棋界を縁の下で支えてくれていました。

そんなKさんですが、月に頻繁に来るようになったのは1年足らずだったようで、
支部会員の話をするのは初めてだったようです。

しかし、Kさんの反応は「やっぱりそう思いますよね」って感じ^^;
そもそもこのKさんから月会費をもらっていること自体、私は辛い気持ちになってます(本日2度目)
まぁ私としては、そこは見て見ぬふりをする一手!
といっても、どげんかせんといかんので、
私がこれから提案していくことは、

○料金システムをわかりやすく!
新規客に対して、支部会員の話をするタイミングを決めとく。
そして更新時期にこだわり過ぎず、年の途中でも協力(加入)してもらう。

○日将連支部会員に対してメリットを!
案としては、
・月指し放題の料金が安くなる。
・道南連合主催の大会参加費をいくらか助成する。
・函館中央支部主催の大会参加費を安くする。
・支部のリーグ戦等を作り、それの参加権を与える。
etc

あわよくば料金システムそのものの大変更をしなければいけないかも。
今のシステムだと、みんなKさんと同じリアクションになる^^;

函館という地区は、北海道将棋連盟があった関係で、
(まぁわかる人にはわかると思いますが、)
支部会員というワードがタブーだった部分があります。

その期間が長かったせいか、特に函館中央支部のような道将連未加入支部は、
支部の役員側が支部会員というものに対して、ピンと来ていないところがある。
こればっかりはしょうがない。

少し話が変わりますが、先月の役員会議で、
役員「支部会員は40名を維持できるよう頑張りましょう。」
これを聞いたときは嬉しかったです。しかし私は、
私「いや、維持じゃダメ。1名でも2名でも増やすことをノルマにしましょう。」
と言いました。

今日子ども会員の保護者の方との会話で、
N母「この調子だと、秋には100人支部になっても不思議じゃない。その土壌がある。」
私「そうですね。秋かどうかはわかりませんが、いつかはいくでしょうね」
ちなみに今は40名程度です。

一生懸命冷静さを保ちましたが、正直100人という数字を聞いたとき、ひるみました(笑)
なぜなら100人支部って、私の今まで見てきた将棋界の中では、簡単ではありませんから。
ムリムリ。そんなのムリ。って思ったら永遠に無理。

絶対は絶対にありません。
唯一絶対があるとすれば、夢は見なければ、絶対に夢は叶わないということ。
100人支部を夢としない支部は100人支部になりません。
勝手に自分が今まで見てきた将棋界の常識や固定概念にとらわれたら、もったいないですね。
もったいないというか、これから来てくれるはずの60人が可哀想。
よっしゃ目指すか100人!
スポンサーサイト

コメント

No title

夢は大きく!
甲子園で優勝するチームは目標が「優勝」のチームだけです。間違って「目標:初戦突破」というチームが優勝することはまずありません。
受験でも、東大が目標で届かずにランクを下げて受験することはありますが、「目標:全員が入学できる定員割れの大学」の人が、「予想外に成績が上がったから、やっぱ東大めざすわ!!」とはなりません。
高い目標を叶えるには、大目標とともに、短期、中期の目標をいかに上手く設定するか、ですね。秋まではさすがに無理でも、来年中には叶えたいですね!人が多い方が、子どもは楽しそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント