記事一覧

満腹

今日も特訓会!私の将棋から

先手 私、 後手 K元くん、 手番は後手

隈本①


最近熱心に通ってくれている小学4年生のK元君。
函館には高学年にも低学年にも一人ずつ「子ども強豪」がいますが、
K本くんはその二人に追いついても不思議じゃないと思っています。
K本くんの特徴。
・将棋をしているとき、目がキラキラ
・感想戦で話を良く聞く
・早指しばっかりをしない
①図で△2七歩▲同飛△3八飛成が好手順。上手に飛車を捌きました。
(①図は後手の角の位置が少し違うかも)
その後、先手が粘るも後手に好機が!(②図は後手の手番)

隈本②

②図で△8八竜が失着。どうしても駒柱は何かがおこってしまう。
正解は△6九銀不成でした。惜しい!でも感想戦ではすぐわかりましたね^^

先手 私、 後手 K元くん(2局目) 手番は後手 二枚落ち

隈本③

本人の希望で二局目は二枚落ち。ここまで下手は素晴らしい指し回しでしたので、局面はまた好機です。
正直なところ③図から正確には指せないと思っていましたが、最善手を連発されました。
③図から、△5七銀成▲3八玉△7八飛成▲2九玉 (④図)

隈本④

ここでの正解は△2八銀▲1八玉△3七銀不成▲1七玉△2八竜。
本譜は④図から△3八銀でした。が、詰まないと悟って△4一玉と玉の早逃げ!
結果下手の勝ちとなりました。
1~5手詰めの詰将棋をたくさんやるべし^^
そして一問一問正解以外の手を指すとどうなるか、も考えてみてね。

先手 私、 後手 K沢さん 手番は後手 両者10分使い切り30秒の秒読み

金沢①

先手は居飛車穴熊でしたが、まったく面影なし。
⑤図で△5一銀が読みを外された一着。
遊び駒の銀を5一の地点に引くことにより、1一の地点の竜が遊ばされました。
⑤図から、
△5一銀▲8九香△8七桂▲7五桂△8四歩▲8三歩△同銀▲同桂成△同玉▲7五銀△7四香▲6五角(⑥図)

金沢②

△6四銀▲8四銀△同玉▲8七角△8六桂▲6九玉△8七と▲同香△9六角▲8八金△4八角▲4九桂(⑦図)

金沢③

⑦図から△6五桂▲8二飛△8三歩だったので、▲5八玉で逆転。
戻って⑦図では△6六桂▲同歩△6七銀が決め手だったようです。
(△8七角成の詰めろと△3七角成~△6八金が狙い)
終盤は玉が下段にいくと、なにかと危ないですね。

先手 私、 後手 S籐航輔 手番は後手

航輔①

一歩得vs馬、⑧図で△9五歩が好手。後手は歩をゲットすると△6六歩が痛打。
また、感想戦では⑧図で△6六金もあったみたいです。
⑧図から、△9五歩▲6六銀△9六歩▲9八歩(⑨図)

航輔②

厚み+角が手持ちvs馬+端を詰めてる+金が手持ち。
先手は角を持っているが、後手に馬を作られているので、厚みを活かさなければ勝てない。
とは言っても具体的な手が難しいので、まだまだやれると思いましたが、
⑨図で△4四銀がしっかり読みが入った好手。
⑨図から、△4四銀▲3五歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲同金△5七銀▲7七銀△5八金(⑩図)

航輔③

切り合いからの一手勝ちを目指すのが、S籐くんの魅力。
⑩図で▲7九角ならまだ実践的に難しかったようですが、(それでも△6八銀打で潰れてますが)
⑩図から▲8四角△6六銀成▲同角△6五桂で完璧に寄せられました。くやしー!

沢山指せて満足、おなか一杯です^^
N母さん昨日はコメントありがとうございました♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数