記事一覧

みんな一緒に

全道選手権での私の将棋。
将棋の内容の話をするのが一番楽ということに気づきました(笑)

一回戦は小野さん。
2年前か3年前に竜将戦と同時開催される初段獲得戦で優勝している実力者です。
ハガキを見て来てくれました。参加してくれてすごく嬉しかったです^^

先手が私、後手の番

小野戦正解

ここから△8五歩▲7七角△6五歩に対し、▲6五同歩で先手が指しやすくなりました。
この仕掛けは先手の玉の形が雁木のように6九の地点にいれば成立しますが、
本局は7九の地点でしたので受け切れる形です。
ちなみに先手玉が仮に6九の地点で同じ展開なら、▲6五同歩に対し、
△6五同桂▲3三角成△5七桂不成(下の図)となり、後手の駒得です。

6九だった場合

2回戦は斉藤航輔さん。先手が私。手番は先手。△6五歩まで。

航輔①

居飛車対右四間飛車。一回戦と似ている形でした。
仕掛ける前に△9五歩▲同歩の交換が入っているので、
後手はいつでも△9五香と一歩をゲットする権利がありますが、
先手に一枚歩を渡しているのでやや受け安いというのがポイントです。
それと先手が5七の地点にいる状態で仕掛けているのもポイントですね。
先手の指したい手がなくなって▲4六銀とした瞬間に△6五歩が右四間あるある。
①図から、▲6五同歩△8八角成▲同玉△3三角▲7七桂△6五桂▲6六歩 (②図)

航輔②

先手の私は駒損覚悟で▲6六歩と我慢。
正面から攻撃をがっちり受けて、隙あらば▲7三角や▲4六桂等でカウンター狙い。
この形は桂馬の価値が高いので、多少の駒損は気にしない方針でした。
②図からは△7七桂成▲同銀△6五歩▲4六桂と進みましたが、
②図から△5七桂成▲同銀△6五歩▲同歩△同銀と露骨に攻められるのが嫌でした。
右四間は角道一本狙いなので、回り道をすると失敗することがあります。
一度攻め始めたら後戻りしないで攻め続けるのが、受け手からすると怖いです。
結構進んで③図。筋の悪い▲2六香打まで。後手の番。

航輔③

③図は後手の番ですが、もし仮に先手の番なら、
▲6八角△6五飛▲2四香△同銀▲2三歩△同銀▲2四角が狙い。
途中の▲2三歩や最後の▲2四角がポイントですね。
本譜を進めます。
③図から、△8五桂▲6八角△6五飛▲2五香△同歩▲2四歩△3四銀▲4六桂
△6六飛▲3四桂△同歩(④図)

航輔④

④図から、▲2五香以下先手勝ちとなりました。
④図で▲6六金と飛車を取っても先手がやや勝っていそうな気もしますが、
後手玉がほぼゼット(絶対詰まない形)に近くなってしまいます。
△3九角から対応を間違えるとあっさり負けてしまうかもしれませんので、
ここは飛車を取らずに2五香が私としては好手かと思います。
▲6六金は飛車を得る手、▲2五香は香と飛を活かす手。
「終盤は駒の損得より早さ」ですね。
戻って③図は△8五桂として、
▲6八角に対し△9七飛成を用意しておいた方が良かったかもしれません。

これで2連勝。将棋は楽して勝てないですね^^;

やはり代表の選出に関してコメントを頂きました。
大前提として代表選出に関しては
当然運営側も相当気にしていることだというのはご理解いただきたいです。
そして、どんな事柄でも賛成意見と反対意見があります。

1000人に「あなたは人間ですか?」と質問しても、
意外に100%がイエスと返ってこないのが人間。
また、その割合が50%に近い質問なら正解がないということ。
今回は何パーセントなのでしょうか。

今言えることは、
・コメントありがとうございます。
・検討いたします。
・みんな一緒に運営やろうぜ(笑)
スポンサーサイト

コメント

No title

なんてすてきな「今言えること」なんでしょう!
とはいえ、16名のうちの1名であるところの息子が、
大人の大会に出るとこういう弊害も生むんだなあ、
と反省しました。
なんだか、すみませんでした。

No title

将棋指導員ならいろんな方式に
精通すべきだと思います。
再度問いますが、
スイス式の特徴(メリット、デメリット)は
なんですか。

スイス式のルールをしっかりとするとなると、最初に番号抽選ではなくレーティング順に並べなければなりません。正式なレーティング順がない以上、運営的には抽選にするという選択になると思います。レーティング順ではない以上、初戦の抽選が後のソルコフ等に影響が出やすくなります。ただ、トーナメントでも抽選の偏りは出るわけであり、スイス式でもトーナメントでも周りでみるほとんどの運営方法では「抽選」がある以上、スイス式で3連勝で最後負けて代表にならなかったのはトーナメントで予選2連勝してトーナメントシード引いて準決勝勝って決勝で負けると同様と考えてもいいのかなと思います(予選が楽な組み合わせになることもありますよね)。逆に予選2勝1敗で通過しての代表もあるから同じ「ような」ものと考えていいのかなと思います。
完全に納得いくのは総当たりとなりますが現実的ではありません。運営は大変ですので、みんなで協力し理解して、ルールを受け入れてほしいと思います。どうしても納得いかないときはみんなで協議も必要ですね。

No title

スイス方式の実務的見解は多分これでしょう。
静岡アマ順位戦、30年をこえる実績がある。
高木将棋教室掲示板
スイス式トーナメントのご質問
参照

青森将棋界のおまけ
スイス式の実例がでている
16人だと4回戦で済むが、5回戦としている。
これは正解だと思う。

余談、埼玉県の久喜将棋大会は年5回開催。
参加者が300名近くになっている。
スイス式5回戦ではありません。
久喜式点数制、連勝加点。
管理者が1クラス1名。
なぜ人気があるのか。
会費1500円。
アクセスが抜群。JR湘南新宿ライン、東京ウエノライン。久喜駅徒歩6分。比較として久喜駅の次の駅鷲宮駅徒歩30分のある大会は100人以下。
電車参加だから商品も軽くて選択制。
大会運営で経費を捻出していると思われる。
支部会費は3000円。(多分上納金のみと思う)
普通は運営費が必要となる。

No title

レーティングについてちょっと思いだしたり、
考えていました。

正式なレーティングがなくてもやっている例。

日本将棋連盟のある支部で、毎月月例会をやっている。ここではスイス式5回戦。AクラスとBクラス。Aは3段~5段の感じ。運営者(支部長)がクラス分けしている。ある一定の棋力レベルなので番狂わせはおこらないようだ。
正式なレーティングはないし、やっていない。(アマレンの支部でない)

北海道の場合、アマレンのR点が付く大会は、
5月のアマレンのR大会への予選会、
朝日アマの全道大会の2つ。
朝日アマの地区代表で1回戦負けをした人の
初期点は1800点。
R点を持っている人、北海道100傑とか、
道代表を2000点(相場として低いまたは北海道の実質のレベルは高いが低評価されている)として
類推していくとだいたいのランクづけはできると
思う。
女性の初段者(八戸の2段獲得戦で準優勝)
問題は小学生3人(写真から想像)、プロとの
駒落ち手合2枚落ち、飛香落ちの予想、棋力的にどのくらいか。
データはないがある程度の見当は付きそうである。現場ならよくわかっていると思う。
棋力のバラツキ、範囲は級位者から5段と思う。


さて、レーティング大会を毎月やっている大分県の大会では、(棋楽庵の九州将棋ふまわり日記参照)
クラス: A級([R]平均1,700以上)
     B級([R]平均1,400以上)
     C級([R]平均1,400未満

試合方式:スイス式トーナメント5回戦
となっている。
(ただし、ここ10年ぐらいはR点の計算をしていない・・・・アマレンの大会結果速報にでてこない!)

ある程度の範囲でクラスする必要があるのだろう。

また、日本チェス協会の例をみると
どのような試合形式にする宣言が必要とか(なければ無効)
R点数幅が200点以内とか、
16人なら4回戦プラス2回計6回戦なら番狂わせなしとか
いろいろ難しい。
面倒なのである。

実態の運用では、R点点数や、段位でクラス分けをしている。

No title

全道大会は17,18日の2日間。
函館札幌間300キロ超、ふつうJR東日本等なら鈍行で
片道6時間6000円、往復で12000円。
最近土曜日はホテルが(全国的に)取れない。
ホテル代こみで2万円ぐらいか。
車でいけばもっとやすいかもしれない。
全国大会を目指している人にはたいした金ではないようだが、普通は考えてしまう。

No title

試合形式の説明、注意

先月ある団体戦にでました。
1チーム5人の団体戦で4回戦
運営者が勝ち点を多く取った方が勝ちですが、
同点の場合はチームの勝数によると力説していました。
結果は2-3、2-3、4-1,5-0の勝ち点2、勝数13で2位でした。
2連敗であきらめていましたがこんなことがある!
笑ってしまいました。

スイス式4回戦の場合
3連勝しても最後に負けると順位が大きく下がる
場合がある!
スイス式の点数がわかる人が1人で
後の人は知らない。これは問題でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数