記事一覧

経験

全道選手権3回戦は西倫理さんと。
先手が私、先手の手番。△6五歩まで。

西⑤

実は仕掛けの形は2回戦(昨日の①図)と全く同じでした。
1回戦も似た形だったし^^;
⑤図から、▲6五同歩△8八角成▲同玉△3三角▲6六角 (⑥図)

西⑥

最後の▲6六角が2回戦と異なる対応。
実は斉藤さん(2回戦の相手)とは、
2年ほど前に大会でこの▲6六角を指しています。
ちなみに2回戦では▲6六角ではなく▲7七角と指しました。
西さん(3回戦の相手)とはこの形は指していないので、
私だけが経験済みの形だったんじゃないかと思います。
ゆえにこの時点ですでに経験分こちらがリード。
だから大会に参加すると、強くなるんですね。
今でも2年前の大会の将棋は覚えていますから。
練習やネット将棋はほぼ忘れますけどね。
⑥図から、△6六同角▲同銀△6五銀▲同銀△6六歩 (⑦図)

西⑦

⑦図から、▲7四銀△6七歩成▲同銀 (⑧図)

西⑧

ここまで2年前の斉藤さんとの将棋と全く同じ!
⑦図で▲6六同金は△3九角で先手が参ってしまいますが、
▲7四銀が意外な凌ぎ方かと思います。
先に銀得をしているので金を渡してもオッケーという考え方。
▲7四銀は手拍子では指せない一着です。
○ノータイムは良くない
○経験は大事
○大会は参加しよう
ということですね^^
ちなみに⑧図までの消費時間は先手2分、後手11分。

とは言っても優勢とは言い切れない局面だし、函館予選は甘くない。
ここからしっかり勝負形に持ち込まれてしまい、⑨図。△8四銀と打たれた局面。

西⑨

ここから明快な勝ちがありました。
⑨図から▲2二角△4二玉▲8四角△同歩▲9五玉 (⑩図)

西⑩

うるさい銀と角を交換して、▲9五玉が決め手。
気が抜けない将棋でした。
戻って8四の地点に打った銀は、9四の地点のほうがもっと厳しかったようです。

4回戦は中濱さん。先手が私、手番は先手、△7四歩まで。

中濱⑪

すでに優勢の局面です。
しかし、もし先手が間違って攻められてしまえば、穴熊の固さが活きてしまい、
負けてしまう可能性があります。
中濱さんが坂木さんに勝った将棋は、そういう状況でした。
坂木さんは理論派なので、「優勢なら攻め合っても勝つ」という考え方。
それは正しいのですが、人間は誰でもミスをします。
できることなら、負けの可能性を潰しておく方が良いです。
⑩図から、▲5三歩成△同金▲5九歩 (⑪図)

中濱⑫

⑩図から私が指した手順は、最善ではないと思います。
しかし、最善手が一番負けない手とは限りません。
私は負けないことを意識した手を選択しました。
⑩図と⑪図を比べると、⑪図の方が負けなさそうじゃないですか?
それと、⑩図は△7四歩と指した局面です。
△7四歩は、「有効な手がありません」と言っているようなもの。
そういうときは攻めないのもコツ。
ちなみに⑪図から10手くらい進んでから▲8八玉~▲7八金と玉を囲いました^^;

よく、器の大きい人や優しい大人になりたいなと思う。
ではそういう人ってどういう人かなと考えたときに、
いつも同じ結論にたどり着く。それは、
「許すことができる人」。

些細な喧嘩やトラブル、怒りや憎しみって、
いつも「許せない」という感情が生み出してしまっている。
他人に対して、自分に対して、物に対して。

すべてを許すわけにはいかないのかもしれないけど、
例えば最近多い芸能人の不倫とかに対して
街を歩いている人が「許せません」って言うのは、世も末だなと思う(笑)
そもそもその言葉を発する人は家族くらいのはずだし。

道南連合の会長さんはすごく器の大きい、優しい人だと思います。
そんな人と一緒に行動がとれるのは幸せだし、
そのきっかけをくれた将棋に感謝する今日この頃。

いきなりわけのわからない話をしてしまった^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント