記事一覧

ありのまま

今日は青森に行く子の連絡先を調べるため、将棋センターに行きました。
5分で帰る予定でしたが、子どもがたくさんいて、楽しすぎて結局1時間超え^^;
子ども達が楽しそうに将棋を指しているところを見るを幸せを感じます^^

別件で嬉しかったのはK沢さん。
場をコントロールしようという意識があるので、空いている子がいたときに、
「その対局が終わったら▲▲君と△△君で対局ね!」と言ってくれます。
しかもその将棋の内容を見て、あと何分くらいで終局かも確認してくれます。
さらに子どもたちのアイドルなので、どんなときでも子どもに話しかけられますが、
どんなときでも優しく対応します。

私の場合、そういう状態は楽しいからメンタル的には全く苦ではないのですが、
終わった後にフィジカルに影響がでます(笑)
K沢さんも今日は結構大変だったんじゃないですかね?
大人不足を解消しないといけないですね。

あと、牙狼さんがいなかったら、相当きつかったです。
また飲食店の話ですが、
場をマネージメントする人も必要ですが、
与えられた仕事をしっかりこなすワーカーも必要。必殺仕事人ですね。
今の函館中央支部はどちらも少ないからなぁ。
今日は子どもが10名程。この人数でも私は息が上がってしまうので、
やはりゆっくり大人一人一人の意識改革をしていく必要がありますね。

今日は高校生のA部さんも子ども達にたくさん指導してくれたそう。
ありがとう!
ただ、凄く嬉しくてありがたい気持ちと、申し訳ない気持ちも若干^^;
まぁA部さんくらい強くなると、しょうがないんだけどね。

今日見た将棋から。
下手W田さん、上手K沢さん

金沢和田8枚①

まだ駒の動かし方を習ってから1ヶ月程度の小学6年生。(初来館は6月13日)
①図から、▲7八飛△4一王▲7二飛成 (②図)

金沢和田8枚②

100点満点。思わず全力で拍手してしまいました。
初段以下なら▲7二飛成ではなく▲7一飛成としてしまうかもしれません。(それでも立派だけど)
②図から、△3一玉▲5八金引△3二金▲5七馬△8五金▲1三馬△2一王▲8一竜
△3一桂▲8五竜△2二金 (③図)

金沢和田8枚③

③図から、▲8二竜を見つけてしまいました。1000点満点。
骨折しそうになるくらいの拍手をしてしまった。
まさかの▲5八金引~▲5七馬~▲1三馬という発想。
そこから王手金取り。最後は馬を逃げずに最速の寄せ。
指した手が偶然好手になるケースってたまにはあります。
が、将棋は他の競技よりそれが少ないです。
材料は少ないけど、①図からの指し手だけを見ると、相当強え~^^;
囲いすらまだ知らないのに。

子どもから「これから詰将棋を作るから、できたらブログに載せてください」だって^^
その意気込みだけでおなか一杯(笑)
「できあがったらK沢さんに写真撮ってもらってね、それをあとで見ておくから。」
正直、詰将棋を作るなんて無理だと思ってました。
しかし!K沢さんから写真が送られてきてビックリ!

悠希庄山詰将棋

詰むかは不明ですが、やりきったことが凄い!よく頑張ったと思います!感激^^
コンセプトを「端から攻めて詰む形」と決めていたのも良かったのかも^^
ありのままの作品が見たかったので、
素材そのままを送ってくれたK沢さんにも感謝。
コンプレックスがある大人は余計な口出ししちゃうけど、
やはりレジェンドは器が違う。
しかし短時間で詰将棋を作りきる子ども達がいる函館^^
希望に満ち溢れている。子ども達に感謝。

今日は久しぶりの家族との食事かと思ったら、
天気予報が外れて晴れてしまったせいで、バーベキューの焼き専門係に。
蚊がいるので幼児たちは家の中、私は蚊帳の外。アベシ。

そういえば選挙特番で、阿部総理に生中継でインタビューしていました。
面白いなぁと思いながら聞いていたら、阿部総理がしゃべっている最中に、
「安倍総理、お時間なので切りまーす。」と番組の司会が言って強制終了。
すぐCMかなと思いきや、番組内のコメンテーターに話を振る。
えー、総理の話よりコメンテーターの話なのか。
それでいて若者に対して「政治に興味持て」と言う。
まずは大人が変わらないとな。

話が飛びまくって申し訳ないです。
子供と感想戦をしているときに、その子供の迎えが来ることがよくあります。
そのときに必ず、「はいそこすぐやめて、迎え来たから」と言われて、
私が「あと▲分だけいいですか!?」というやりとりが行われます。毎回。
今のところそれでダメという親御さんはいないし、
むしろ笑顔になる親御さんが多いので助かってます。
ただ、半分以上の親御さんは、
「じゃあ外で待ってる」とか、玄関で立ちっぱなしなんですよねぇ。
中に入りずらいのかな?ご意見もらいたいです^^
スポンサーサイト

コメント

No title

これは、私の出番かな?と思い書きます。
まず、「中で待っててください」と言われないと入りにくいかも。
見た感じ対局用の席しかなくて、
ベンチもないので、「入って待ってて〜」と言われても、
どこで待てば良いのやら…、初めて入る人には見当もつきません、たぶん。
実際、中に入るのは、Kさんちとうちだけのような気もします。
東京、関西、新宿には待つ人用のベンチ的な椅子があるし、
青森では、長い廊下でお母さん達が盛り上がっているのも見たことがあります。座るところのない蒲田では、17〜18時頃には入り口付近にお迎えのお母さん方がひしめいております。
で、「そこの『将棋の渡辺くん』でも読んで待っててください」なら入りやすいかなあ、と思うんですが。
少なくても、「そこの『詰むや詰まざるや』でも解いててください」より余程入りやすいです。
そこで、提案なのですがうちの『透明の棋士』とか『ひらけ駒』、
あるいは野月先生のサッカーと将棋のコラボ本、おいても良いですか?

本人は謙遜して書いてますが…

函館将棋センターの真のアイドルは笠井くんです!

えぬははさんの提案、私は大賛成です!
反対する方がいらっしゃったら交渉しますので、声掛けてくださいねm(__)m

コメントの投稿

非公開コメント