記事一覧

アマ王将戦について

10月9日にアマ王将戦の全道大会が開かれます。
函館予選は9月18日だったかな?
たしか9月25日は赤旗名人戦函館予選が入る可能性があります。
アマ王将戦の函館地区代表は3名、北海道代表は1名。狭いなぁ^^;

最近はイベントも多く、これからも沢山イベントが控えています。
なのになぜいきなりアマ王将戦の話をするのか。
実は今、北海道支部連合会ではアマ王将戦のルールを定める動きをしています。
そしてその議論が私にとって、面白いなぁって思っています^^

まずアマ王将戦の全国大会は、北海道代表とか青森代表とか都道府県別で代表を選出するわけではなく、
北海道ブロック代表、北東北地区代表、っていう分け方をします。
最近では将棋ウォーズ代表みたいなのもありますよね!

そしてここが大事です。
アマ王将戦は、在住地による制限がありません!
要するに「北海道に住んでいるけど北東北大会に行ってきます。」というのがアリ!
さらに、何度もブロック代表をチャレンジしても良い!
要するに「函館大会で負けたから、北東北大会で全国を狙います。」というのがアリ!
時間と金があれば全部の大会参加してみたいなー^^

さらに、在住地の制限がなくて何度もトライできるということは、
北海道大会に全国レベルの強豪が参加してもおかしくないということ。
でもこれは今までは難しかった。
他のブロックは代表を決めるときに一発トーナメント戦がほとんどです。
しかし北海道の場合は、事前に各地区で予選をしてから全道大会を行うので、
道外の方は2度北海道に足を運ばなければいけません。

でも今年、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
札幌予選が10月8日(土)に開催されます!
全道大会が9日なので、前日に予選を行うということです。素晴らしい!
これで道外の方は北海道に来るのは1回で済みます^^
札幌中央支部主催の最強戦みたいですね。
道外から沢山来てほしいなぁ、最強戦みたいに盛り上がるだろうなぁ!

これで道外の方が参加しやすくなりました。バンザイ!
んっ?道外からファイターが来てくれるなら、函館人の私も札幌予選に行ってみたいな!
負けても次の日観戦できるし。
いやいや、函館の人は札幌予選はでれないか。
だって道内の他地区の予選に参加できれば、
いきなり小樽のT田くんが函館予選に来て私の可愛い教え子たちを将棋でいじめるかもしれない。
いやいやいや、小樽のT田くんが函館予選で私の可愛い教え子たちに真剣勝負してくれるなら最高か。
函館将棋界にいい刺激になるし、交流が深まるし、参加費ゲットできるし。

そもそもルールはどうなってるの?

実は現在、北海道大会におけるルールは定まってなかったようです。
じゃあどんなルールが北海道将棋界にとって最良かが今議論になっています。

まずブロック間で重複参加するのはオッケー。北海道ブロックと北東北大会ブロックは両方参加していい。
でも道内地区予選の重複参加はノー。函館地区予選で負けたからと言って小樽地区予選に参加するのはダメ。
ここまでは決まっているようです。

決めなければいけないのは、誰がどこに参加できるか。
まず道内の人の、在住地と予選地区の関係について。
函館人は函館地区予選にしかでれないものとするか、どの地区予選でも参加できるようにするか。
そして、道外の人が北海道ブロック予選に参加する場合、
札幌地区予選だけか、どこの地区予選にも参加できるものとするか。
あるいは地区予選そのものをなくし、10月9日に一発で代表1名を決めるか。

函館の人は函館地区予選だけと決めるのは、在住地に縛りのないアマ王将戦の趣旨に反するのかな。
でもどの地区予選に参加してよくなれば、代表枠1名とかの地区なら
「強い人がいきなり来て代表枠を奪っていきやがった」ってなるのかな(笑)
それは道外の人にも言えることで、やはり受け入れ体制の万全な札幌だけの方がいいのかな。
でも青函交流戦で「王将戦函館地区予選に来てね」って言いたい(笑)
例えばたまたま道外の人が観光で函館に来ていて、このブログを見て大会に参加したいって言ってくれた時、
ダメと言いたくない。その人が代表になったときに全道大会に参加できなければ辞退すればいい。
っていうと、「全道にでれないなら地区予選にでるな」っていう人もいるので、また別の議論になる(笑)

今月この議題を聞いたとき、正直、オールオッケーじゃダメなの?って思っちゃいました(笑)
誰がどこにでてもいい!むしろ複数回参加したっていいじゃないの!将棋が好きってことなんだから!
でも現実はそんな簡単ではないですよね^^;
無法状態にするとトラブルが起きかねません。

また後日続きを書きます^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント