記事一覧

青函交流戦の思い出②

30日は「JTSみちのく杯・宿泊者将棋大会」を3局消化します。
16時~18時に2局で、18時からの親睦会後に1局というスケジュール。
要するに飲んでからも1局あるということ!楽しそうでしょ?(笑)

16時に開会式でした。
青森支部旦代支部長のご挨拶で、
「参加人数が成功かどうかのバロメーターです、なのですでに大成功と言えます。」
「ご紹介します、今年全国支部名人を取られた富山県の桶屋さんです。」

交流とはいえ、いきなりみんなの目が急にギラつきます^^;
ネームバリューがある選手が来ると締まりますね。
来年はW辺さんやK内さんが来てくれれば嬉しいなー(笑)

さて宿泊者大会が始まりました。持ち時間は10分、切れたら30秒。
ワイワイガヤガヤしていた会場内も対局が始まるとシーンとします^^
上の写真が1局目の風景です。
1局目は小学生が全員勝ったようで、みんなとてもゴキゲンになってました^^
2局目は坂木さんが桶屋さんと対戦!結果は残念でしたが、いい勉強になったね!

懇親会では食事が大人用と子ども用で分けてくれていました^^
大人用は怪物級に大きいホタテがでてきてビックリ!
途中ででてきた牛ステーキは幻の今別牛かな?
どれもこれもとっても美味しかったです^^
しかも奈良岡さんがいないから自分のペースでお酒が飲めた(笑)

桶屋さんとお話しすることができました。
「大学生のときに600手越えの詰将棋を解きました。それでコツをつかみ、
30代のときにはもっと長手数の詰将棋をほとんど頭の中だけで6時間で解きました。」 すげー!!
桶屋さんは真面目そうな方で真剣な表情をしているときが多いのですが、
子どもへの指導のエピソードをお話しているときが一番ほころんでました^^

飲む人は飲み、はしゃぐ子ははしゃぎ、指す人は指す、そんな時間になったころ、
「笠井さーん!!虫に刺された!!」
小学6年生の子が刺されてしまったよう!
旦代さんが抱いて部屋に運んでくれて、氷で冷やしてくれました。

みんな飲んでいるので病院に向かうにも運転手がいません。
地元の方(今別支部長)を呼んでくれましたが、会場が田舎すぎて運転手が着くのに40分!
会場から病院までセイゲンジソクを気にせずグイグイ進んでさらに30分!
病院着いてもお医者さんが病院に着くまで20分!
幸いにも大事には至らずでした。

ハチかアブかはわかりませんでしたが、
トイレで大便をするときに便器に虫が隠れていたようです。
密室で虫に刺されて怖かっただろうな~。その状況なら大人でも悲鳴をあげちゃう。
痛かったと思うけどよく頑張りました^^
今別支部長、付き添ってくれたN沢さん、看病してくれた皆さん、
心配して待っててくれた皆さん、ありがとうございました。

そういえば宿泊者大会の対局を消化できず、対戦者のS藤くんゴメン!
時計は12時を過ぎているのにみんな飲みながら将棋をしている(笑)
小学生~高校生も結構遅くまで起きていたなっ!
とは言っても私も4時近くまで駒を触ってしまいました^^;
そんなこんなで一日目終了です。

IMG_0539.jpg

IMG_0540.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

ちなみに、子供席のところには、大人の席も3席ほどあったのですが、その人たちのおかずは、焼き魚ともずくでした。太巻きと刺身は無かったんですよね。私はともかく、M田さんは足りなかったのでは?ちょっと可哀想でした^_^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakodateshogi

Author:hakodateshogi
将棋を好きな人のためのブログ。
棋戦情報も気づいたら載せます。
函館(周辺)の将棋好き集まれ!

来館者数